トライアスロンをライフワークとするYabyが綴るめしメニュー。たまにワンコもね。


by yyaby
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Bostonマラソンレポート その2




NYからBostonへは、BoltBusで。
34th@8aveから出てて、なんと片道$15!

でも大して電車でいくのと時間は変わらないのですよ~。
あと早朝とかの便は$1で買える事も。

安くっても車内は綺麗だし足元のスペースも余裕、フットレストだってあるんです。

どのみち疲れて寝てるだけなので、バスで十分十分。




今回宿泊したのは、Berkley Residence YWCA。
Trip Advisorにも書いてあるけど、Hostelとシニアホームが合わさったようなところ。
バス・トイレは共同で、部屋にはベッドとクローゼットと机があるのみ。
あ、鍵付きの個人部屋です。

ご婦人のご老人たちが住んでいるようで、ロビーとかダイニングエリアでよく見かけました。
レースの朝に同じ階に住んでるご婦人が、「マラソン?がんばってねー。」と言ってくれたのが印象的でした。

逆にHostelにありがちなチビッコギャングたちは全く見かけず、これは◎。
だって中学生高校生くらいの団体宿泊ってマジ夜とかうるさいし、公共の場も汚すし。

ここはロケーションがすごくいいんです。
エキスポとかレース朝のBus乗り場とかゴールが全てWalkingDistance。
しかもHostelだから$100ぐらい。

一般のホテルでマラソンの時なんて軽く1泊$400はしますからね。
そんなのレースの度に出費できないできない。



私がここがすごく気に入ったのは、朝ごはんがフル・ブレックファスト!
つまり、卵やベーコン、ソーセージなどの調理ものに、フレンチトーストや自分で作るワッフル、パンもシリアルも種類が豊富で食べ放題。
フルーツやヨーグルトまで付いてくるんです。

これにはビックリ。
だって朝食込みったって、Hostelなんてパンとコーヒーが置いてあるくらいだと思ってたし。



あと、ここはBostonランナーにとにかくSupportive。

レース当日朝ごはんバッグとか用意しておいてくれてるの。

そんでチェックアウトしてもシャワー使わせてくれるし、タオルまで貸してくれる。


次回も絶対ここ使いたいと思います。




と、散々宣伝したあとに、Bostonの町並みなどをご紹介。





ここはBerkleyResidenceの周辺で、閑静なタウンハウスが並ぶエリア。
雨が降っていた事もあり、どことなくイギリスを思わせる雰囲気があります。

f0036409_4371745.jpg
f0036409_437541.jpg
f0036409_4391178.jpg





部屋から見たビジネス街 (どんより~)
f0036409_4441594.jpg




一番最寄の駅。今回電車もバスも全然使わなかった
f0036409_4451942.jpg




Boston名物、水陸両方バス、Duck Tour
f0036409_4465353.jpg
f0036409_4473449.jpg




裁判所かな、と思ったらBoston Public Libraryだった
f0036409_449468.jpg




ゴール地点あたりの広場
どことなくPlazaHotel前っぽい
f0036409_4505458.jpg




ステーキハウス、Smith and Wollenskyが何故かお城
f0036409_4515053.jpg




丸2日、さむーい雨降りのBostonでしたが、汚いとか危ないとかの悪い印象は全然ありませんでした。
学校のある地域だと又ちょっと違うのだと思うけど、なんか大人の街っていう雰囲気でしたよ。


次回は朝ジョグやExpo、日曜に行われたレースなどなどお送りしまーす。





☆いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2010-04-25 04:55 | エクセサイズ