トライアスロンをライフワークとするYabyが綴るめしメニュー。たまにワンコもね。


by yyaby
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

IRONMAN COZUMEL 2010 - レース前 その4




レース前日です。



IRONAMANディスタンスじゃないとレース当日でもBikeを自分の割り当てられた場所にチェックインできるけど、IORNMANは必ず前日にBikeを自分のステーションに設置しなければなりません。


で、この日はHotelからの無料シャトルバスにのって自転車を置きに行きました。



キャメロンさんとBusに乗り込む前にパチリ。
f0036409_10342360.jpg



私たちは第一弾のBusに乗り込んだので、全然混んでませんでした。


フツーの観光バスに自転車ごと乗り込む、ちょっと無理な感じ(向こうでも写真撮ってる~)
f0036409_10371912.jpg




BikeのステーションはSwimのスタートと同じで、Chankanaab National Parkというマリンパーク。

ここはイルカと一緒に泳げるプールがあったり、マナティーに餌付けをできるプログラムがあったり、古代Maya遺跡のレプリカを数々おいた公園があったりするテーマパーク。


会場はレース参加者しか入れない規則になっている。
何故なら自転車は非常に高価なので、部外者が入ると簡単に盗まれてしまうから。


入るとすぐにプロの人たちのステーションが。
f0036409_10441122.jpg


プロのトライアスリートはちゃんと名前が入っています。
f0036409_1045644.jpg





で、わたしのはというとずっと奥の119番。でもSwimあがりのテントからは近い。
f0036409_10464477.jpg


f0036409_10495319.jpg




Bikeを自分の場所に置いた後はBikeギアのBagを別のステーションに置きに。
これも他のトライアスロンレースと違う仕組み。

いつもはBikeステーションに全てのギアを設置する。
今回はBikeとRunが全く離れた場所からスタートするからかIRONMANがそうなのかどうかは?だが、Bikeのギア(ヘルメットとかBikeシューズとか服とか)をBagに入れてSwim終わった地点に番号ごとに掲げる仕組み。

f0036409_10575429.jpg




BlueBagのとこでボランティアしてくれていたCOZUMELの高校生たち。
「写真とってもいい?」って聞いたら、「私のデジカメでも一緒に撮って~」と無邪気でかわいい。
f0036409_1193415.jpg




あと、Run用ギアは別のBagに詰めて、それは明日までに大会側がBikeの終了地点に置いておく仕組み。
これも「本当に大丈夫?」と、ちと不安だったりしたが考えてもしょうがないので、BlueのBagを自分の番号に掲げたあとはレースナンバーの墨入れに。



っちゅーても、太マジで番号を書き入れるだけ。


こんなかんじ。
f0036409_11101749.jpg



私のモンモンはこうだ!
f0036409_11113452.jpg
f0036409_11115121.jpg





さあ、これで明日の準備は万端。


次回はいよいよレース編だ!






☆いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2010-12-18 11:17 | エクセサイズ