トライアスロンをライフワークとするYabyが綴るめしメニュー。たまにワンコもね。


by yyaby
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Ironman Louisville 2011 - Run編



最終種目Run編に突入。


Bikeゴール後はボランティアの人がBikeを受け取ってくれて、そのままギアバッグエリアに走る。

再びギアバッグをボランティアの人が先にPickして渡してくれる。

テントではギアバッグの中に入れておいたカーボ入りのマンゴーティーを飲む。
でも生ぬるくて不味い。

「氷ありますか?」

と頼むとすぐに紙コップに入った氷を持ってきてくれてマンゴーティーをそこに入れてくれる。
冷たい!うまい!

本当にボランティアの人たちには心から感謝。



さて、今回Runでは非常に楽しみにしてたアレがある。

Newtonのシューズ!!!


な・の・で、

もうこのシューズで走るのが嬉しくって嬉しくって、走り出しの脚の重さなんて微塵も感じませんでしたよ。
うん、ほんとうに。

そればかりか、シューズを一番に履いてしまったので、Bikeパンツ脱ぎ忘れてスタートしてしまい、途中で気付いてそこら辺に脱ぎ捨てていくというサザエさん的うっかりも。
(結局落としものコーナーで後で見つからなかった。グスン)



Runのコースはこんな感じ。
f0036409_061296.gif


橋と住宅街を走る2周回コース。

All フラットで、ちょとだけ線路の下を通るときに坂があるだけ。

住宅街なのであまり風通しが良くなく、ジリジリと暑い。

行きは影がなくてちとキツい。
でも帰りは影が多いほうなので、ずっとマシ。

2周回目となると夕方も過ぎた時間なので行きも影が多くなって楽になる。




今回は下痢止めのおかげでトイレのお世話になることは1度も無かった。
ほんと、飲んでおいて良かった。

それとはよそに、右腿に問題が。
Bikeでつったのが再発。

アミノ酸ピル、今回ちょっと足りなかったかもしれないと思い、エイドでは水ではなくゲータレードPerformを飲んだ。

Performは最近発売されたやつで、アミノ酸とか電解質が多く入っている(多分)。
味も普通のより酸っぱめで飲みやすい。

これをエイド毎に2杯飲んでいたら、そのうち腿は普通に戻ってきた。
効いたじゃないか、Perform。


そしてそこからは黙々と走り続ける。


Runは3種の中で一番得意だし一番好きな種目だ。
他の選手の様子もよく見えるし、ゴボウ抜きして走れるのも楽しい。

それゆえにRunでは絶対絶対Crushしたくないのだ。
ゴールしたあと死んでもいいほど走り抜くよりも、余力が残るぐらいに走る。
じゃないとゴールできるかどうか分からないもん。


一人いいペースで走り続けるおっちゃんがいて、その人に付いて行きたかったがあまりにも速すぎてあきらめた。
殆どは抜くことが多かったけど、たまに若いあんちゃんに抜かれたりする。
やっぱり速過ぎて追いつけない。



走るにはやっぱ何かモチベーションが必要だ。

前回はトイレというのは緊急的モチベーションだった。
今回はエイドに寄り道というのがそれとなった。

最初Performを飲むために寄っていたのだが、それはクセとなってエイド毎に水やらオレンジやらコークやら氷やらを貰いに行った。

Hitだったのはやっぱり氷。
コップの氷水を飲んで、残った氷はBikiniのTopの胸のとこに入れておいて、そこから取り出して食べる。(挙動不審)
手に握りながら顔や首を氷で冷やしたりするものGoo。

氷水につけたスポンジも顔を拭くと気持ちよかった。
ただし、拭いたせいで日焼け止めが落ちて顔が薄黒く焼けてしまったのは失敗。


そうだ。エイドで見かけたある光景の事を言わなくっちゃ。


若い女性選手が道の脇で両親やダンナさん、そして小さい赤ちゃんと会えた。
その人はダンナさんとキスし赤ちゃんを抱き上げ、レース中の再開を喜んでいた。

が、しかしそこにエイドの脇から現れたのは、


じゃじゃーん。縞々のシャツ(サッカーの審判みたいなの)を着たマーシャル。


レース中にレース関係者以外の人に接触したり補給やモノを受け取ったりすると失格になるのだ。
あとiPhoneとかデジカメもだめ。

その女性、多分失格になったかも。
もう終盤だったのにねぇ。


「ひぃ! マーシャルってやっぱいるんだ。」、と軽く驚く。




また走りはじめる。




2周目の復路でちょっと時間を見てみる。
12時間切れそうだけど、このまま寄り道してると怪しい。

ちょっと頑張ってエイドに寄り道しないことに決めた。
厳密に言うと、寄り道してオレンジは掴んだけど、止まって水を堪能するのは止めた。

それからは時計とにらめっこしながら走る。


隣でいいペースで走ってる男性と会話。

「Nice Pace.」

「You too.」

お互いゴールはもうすぐ。


Bikeの終わり同様、ダウンタウンの高層ビルが見えてきた。
マイル表示もあと、3、2、1とカウントダウン。


沿道の応援が多くなってきた。


角を曲がる。
もうひとつ角を曲がる。

ゴールが見えた。

あ、でもこの前の男がいるとうまく写真が撮られない。
抜かなくちゃ。
わー、でも追いつかない。
クソー、抜けない!


と思っているうちにFinish!!!


見事真後ろになってしまったが、YabyGAGAのリストバンドを見せようとポーズを決めてみた。

が、それもなんだかうまく決まらなかった。
f0036409_0512963.png



結果は以下の通り。

f0036409_14754.gif


SwimでGroup56位、Bikeで31位、最後に22位、と大器晩成型なのが分かる。(なんちって~)
ちなみにRunだけだとGroup9位だった。
丸付けたところにちょっと最後の頑張りが現れているのを発見し、自分で自分の肩をたたいてみたりする。

エイドに寄り道しなければ4時間きれたかもなぁ。
でもBikeで時間計算できない女がそんな秒単位の計算なんて出来るはずも無く...。


とにかく今回目標だった12:30を切れたし、タイヤもパンクしなかったし、文句言うことなし。
大成功だったと思う。


Kentucky Louisvilleよ、そしてLouisvilleのみなさん、そして応援してくださった皆さん、

今回も無事レース完走できました。



みなさんに、心から感謝。






++おまけ++
空港ではこんなお茶目が案内があるんだよ。
f0036409_122124.jpg






☆いつもありがとうございます☆

HOGO犬 ONEMATCHING

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2011-09-06 01:09 | エクセサイズ