トライアスロンをライフワークとするYabyが綴るめしメニュー。たまにワンコもね。


by yyaby
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Le Marathon Du Medoc - Sep 2011

以下の質問にYesの場合は1点、Noの場合は0点加算してください。



Q1. あなたはランナーですか?


Q2. あなたはワイン飲みますか?




2点以上の人は、死ぬまでに絶対参戦するべきレース。

それは、



Le Marathon Du Medoc



初の海外遠征マラソンのため、この度フランスに渡ってきました!


そもそもこのマラソンの事を知ったのはBLOG友であるparismidoriさんのBLOGから。


「なになに?給水所でワインの試飲、コースの途中にフルコースが振舞われるとな?」

いきなり心を鷲掴み。
で、日本の友人Yokoさんを誘って今年の春から準備をしてきました。

このマラソン、数年前までは一部の日本人にしか知られてなかったようですが、NHKで放送されたこともあり、今年は約180人もの日本人ランナーが遠くフランスはボルドーまで来たそうです。

ちなみに全体では8,500人がレジストレーション、完走は7,350人。




マラソンの開催地はフランス南西部の都市ボルドーから60kmくらい北へ上がったポイヤックという街。

ここもシャトーが立ち並ぶワインの生産地で、しかも大西洋も近いので港町でもあります。
f0036409_1394914.jpg



レースは土曜なので金曜はナンバーPickUpに。

滞在はボルドー市内だったので、当初どうやって行こうか考えあぐねていたけど、無料シャトルが市内から出る事に。
でもこのシャトル、完全予約制なの。
そして空いてる席があっても予約してない人は乗せてくれない。(香港からのご一行が予約してなくてバスまで来たのだけど乗せてもらえなかった)
そして、何故か時間ピッタリに出発。 なかなかキビしい。

ボルドー市内から1時間半、到着しました港町ポイヤック。
f0036409_154352.jpg
f0036409_1553545.jpg



とにかく最初にナンバーPickUp。

レジスト会場は体育館の中だけど、EXPOは屋外。
思わず笑ったのが、EXPOでボランティアをしているオバちゃんが、プカ~とタバコを吸いながら案内してたこと。う~ん、フランスに来たって感じ。
f0036409_1582245.jpg



私たちはPackageで申し込んだので、イベント会社の窓口へ。
パッケージは基本的にレース+ホテルなのだが、他にいろいろオプションがあって、レース当日の朝Hotelからバスに乗れるとか特別パスタディナーとか日曜のシャトーツアーとか、そんなお楽しみが盛りだくさんなのである。
f0036409_28774.jpg



EXPO会場の横に特設レストランがあって、16ユーロでコース(ワイン付き)がいただけます。
f0036409_2161285.jpg


私たちはここではなく海の幸を食べにメイン通りのレストランに行ってランチ(これはまた後日うまうま編でレポート)、その後予約しておいたバスで帰った。










レース当日。


私たちはさっそうとラムちゃんの衣装に着替え、バスに乗り込む。

あ、このマラソンは仮装しなければいけないのであります。そして毎年お題があって今年は動物。

ラムちゃんが動物かと問われれば、うーむなのでありますが、要はヒョウ柄ちゅうことで。


こんなんでした~。
f0036409_2234026.jpg


「こんなとこまで来てビキニか?!」 と心の中でつぶやく皆々さま、

実は結構暑いのですよ。
午前中こそ曇ってて涼しかったけど、一旦太陽がでると85度(26℃)くらいには軽くあがるのです。


さあ、スタート地点へ。
その途中で仮装をチェキナップ!

かなり昆虫率高し。てんとう虫とハチ。 (動物ちゅうてるやろ!しかも全然かわいく無いゾ)
f0036409_2331526.jpg


青いタートル隊
f0036409_2314716.jpg


おケツ丸出し隊(これ、多かった。フレンチテイストなのかしらん)
f0036409_235151.jpg


日本からはチア・キティちゃん隊(フレンチでは’ハロー・キティ’が’エロ・キチ’ってなるんだって。いかがわしい感じのネコだな。)
f0036409_2382222.jpg



撮影会をしてるうちにスタートに。

みんな全然本気モードじゃない。
かく言う私たちも、友人Yokoは全くランナーではないので、タイムレースする気はさらさら無し。
とにかく完走が目的なのだ。


最初すっごくすっごく遅いジョギングで進む。

が、10分ぐらいしたら渋滞してふん詰まり。進まない。

何かと思ったら、

そう、最初のエイド、つまり、シャトーのワインを飲めるポイントだったのだ。

ほら、やっぱタイムレースなんて考えるほうが間違いなんだよ。



ここは確か2つめのシャトー。ご丁寧にあと何キロまで試飲の後に書いておいてくれたりする。
(ガンバレて...、まだまだやんけ!)
f0036409_2451697.jpg
f0036409_2463617.jpg
f0036409_2471519.jpg




このコースの周りにはすごいシャトーが立ち並ぶ。
ここは水だけで試飲はなかったけど、まさにお城だったので、思わずパチリ。
f0036409_2494790.jpg
f0036409_2502942.jpg


で、飲む。
f0036409_252433.jpg
f0036409_2532549.jpg


エイドで道草喰う点ではIronmanもメドックマラソンも同じだな。



特記しておくべき点、その1。

応援バンドの質、かなり高し。
衣装も揃えていてナイス。
クラシックとかジャズとかロックとかジャンルも豊富。
そして、演奏がうまい!酔っ払いランナーが前で踊り狂うのもうなづける、ふむ。
f0036409_2565433.jpg
f0036409_2595842.jpg
f0036409_322450.jpg




すごいシャトーがまたお目見え。
f0036409_2583078.jpg



で、また飲む。
f0036409_2591739.jpg





ここで特記しておくべき点、その2。

参加者7千人ちょっとに対して、なんとボランティア3,500人!

ワインの試飲コーナーもそうだけど、お水のステーション、そしてパンのステーションなどなど皆さんよくしてくださいました。
あ、エイドにはゲータレードとか一切無いよ。ワインか水。あとは角砂糖、オレンジ、バナナ、チーズ挟んだパン(うまい)、そんな感じです。ランニング・ソルト持ってったほうが良いと思う。
f0036409_365966.jpg
f0036409_374598.jpg





友人Yokoは最初10Kmを過ぎた頃にはもうジョギングはGiveUp。
あとはゴールまでWalking。

既に疲労困憊なYoko
f0036409_3105298.jpg

全然疲れてないので全力疾走してみるYaby
f0036409_3122519.jpg




シャトーのエイドが現れるときには必ず看板が立ってます。
f0036409_3154227.jpg
f0036409_3162178.jpg



美しいね、ブドウ畑。
f0036409_3184119.jpg
f0036409_3192848.jpg




ここで、
特記しておくべき点、その3。

この人たち何してるのかな?
f0036409_3211226.jpg


ズバリ!仮説トイレはひとっつも設置されていません。
女子も男子も青空です。
だからといって畑でせんでもいいやろ! が、実際ブドウ畑だらけなので、林を探すもの至難の業。
私は小屋の影で、友人Yokoは林の奥で。そしたら日本人女子も次々に用を足しに来たそうな。(笑)

お互い、「いい場所見つけたネ♪」と、喜び合うのもまたメドックマラソンの醍醐味。


ちなみにみんな水のボトルとかもポイポイ畑の脇に捨てていく。
まあ、ゴミ箱も設置されてないから捨てるとこもないんだけど。


開催者側もシャトーのみなさんも非常に非常に非常に(3回言った)心が広いなぁ、としみじみ思いました。





そうだ!
ここで、是非試飲の様子をナマで感じていただきましょう。


えぇーっと、後半はもう2杯ずつ飲んじゃってます。





33Km地点。
ピースして強がるYoko
f0036409_3345272.jpg
フレンチなオジさんたちと競争なんかしてみるYaby
f0036409_336564.jpg




もう10km切った地点なんだけど、マッサージなんかやってもらえる。
右端のスモウ・レスラーもしてもらったのか???
f0036409_3393510.jpg



ヨ~ロッパ~な風景
f0036409_3403284.jpg





ブドウ畑が終わって川沿いの道にはいったら、友人Yokoはもう死にかけていたので、元気づけるために、例のおケツ丸出しパンツを履いたおじさんのケツを後ろから両側掴んでやろう!と提案した。

オジさんはすごく驚いて、思ったよりもウケてもらえなかった...。疲れすぎていたのか。



そうこうしてるうちに、始まったよ~。
フ・ル・コース。



まずはスッキリとDryな白に生牡蠣。
獲れたて新鮮。またこの海水の塩味が汗かいた身体に効くぅ!
f0036409_345512.jpg
f0036409_3463061.jpg



お次はメイン。
ステーキでござーい。
妥協をしない焼き加減。
f0036409_3475631.jpg



何故かここで化粧直しコーナーがある。(フェイスペイントをしてもらえる)
f0036409_349161.jpg



次はフルーツやジュースのさっぱりコーナー。
f0036409_3502265.jpg



で、最後にデザートコーナー。
「ほら、食べなさい!」
f0036409_3512068.jpg





そして遂に、

ゴール!
f0036409_352109.jpg

ゴール!
f0036409_353940.jpg

公式記録:06h52m58
いつもの約2倍だな、プッ!



Finisherには木箱に入った協賛のシャトーのワインが。
ジョリ・ジャポネイズな友人Yokoは、見知らぬフランス人のおじさんから、「これをキミに。」ともう1本貰っていた。
アマゾンヌYabyには誰もくれなかった...。
f0036409_3555697.jpg
f0036409_3594253.jpg






ほら、そこのアナタも「あぁ、行かなくっちゃ。」って思ってきたでしょ?



これまでで一番たのしいマラソンでした。

ん?マラソンだったのか...?






次からはマラソン以外の旅行記をレポートしていきマース。
お楽しみに!




☆いつもありがとうございます☆

HOGO犬 ONEMATCHING

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2011-09-18 02:45 | エクセサイズ