トライアスロンをライフワークとするYabyが綴るめしメニュー。たまにワンコもね。


by yyaby
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ガリのすしに行ったぞ

前回予告通り、Leeからのお誕生日祝いは”ガリのすし”のおまかせコース。


おまかせは高いので、滅多に滅多に滅多に頼めない。

お父さんがボーナスをもらったので、「♪今日はすきやき♪ イェーイ!」ってな感じの子供のような心境だ。


すしガリはいっつも混んでいる。

予約なしでは入れなくて、入れても火曜とか水曜のラストオーダーあたりぐらい。

うちのアパートから1stアベニューをはさんですぐなので、夜の散歩の時によく通るが、10時以降でも4分の3は埋まっている。

客層は日本人は勿論だけど、白人系のアメリカ人がほとんど。

やっぱり彼らは金もってるから、すしもうまい有名なところにしか行かないんだろうなぁ。

そして、我が家が”ボーナスの日”みたいな特別な時しか行けないのに比べて、毎週行っても大してサイフが痛まないに違いない。



今日は敢えてカウンター席を予約。

最初はお刺身から始めて、次にお寿司コースへ。

お寿司はストップと言ったそのときはお勘定ポイントだから、どれくらいに値段になるかは???なのだ。

次々と目の前の板さんが握ってくれる変わり寿司がやってくる。

関サバ
アジのMixGreenと松の身のせ
鯛のアン肝ソース添え
ふきのとうのてんぷら
こはだヒュメ・ド・ポワソン(うまく書けないが、フレンチの魚のソース)マリネ
ズワイガニの刺身!!!
牡蠣と寿司のグリル
鯛の土佐酢Jellyのせ
ロブスターの(特別な)塩かけ
トロとたくあんのたたき
定番のサーモンのトマトソテーオニオンソースがけ
これも定番の炙りトロ
さっと炙ったイカのあん肝ソース添え

等等、もっとあったが今となっては全部覚えていない。


その都度、Leeとこれは何かを言いあてっこしながら食べる。

あまりのすっとぼけなguessに、きっと板さんは「こいつらわかっとらんなー。」と思っていたに違いない。
でも、変わった食材を使っているので、日本人でも庶民な私には見当もつかないのである。


あー、しかしうまかったなぁ。

ズワイかにの刺身なんて10年くらい食べてなかったと思う。
嬉しくて涙が出そうだった。



さあて、お勘定は?


...これまで外食したなかで一番高かった。
Leeも思わず、「Wow, but worth it.」


Leeちゃん、ありがとう。
本当にありがとう。

日本から遠く離れたこの地で、こんなにうまい日本のものを食べさせてくれるなんて、私は本当に幸せものです。 ウルウル。
[PR]
by yyaby | 2006-01-30 02:35 | おたのしみ