トライアスロンをライフワークとするYabyが綴るめしメニュー。たまにワンコもね。


by yyaby
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:エクセサイズ( 49 )

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
私のJust Giving Japanでのチャレンジは12月末までOpenしております。
NipponSPCAへのサポート、何卒宜しくお願いいたします。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



昨日Mexicoから戻ってまいりました。

いやあ長いようであっという間のバケーション。
もっと居たかったよ~~。

だって30度近くのトロピカルな毎日から一転、氷点下のニューヨーク。

いない間に気温もすっかり冬模様になってしまったみたい。




さて、速報でお知らせしたように今年一番のイベント、IRONMANレースをめでたく完走してきました!
パフパフパフ~~。


総レース時間は13時間35分。

内訳は、Swimが1時間30分、Bikeが7時間28分、Runが4時間25分。

Swimが予想より10分遅れで、Bikeは本当は7時間以内に終わりたかった。
でもRunが思いのほか脚が動いたので、予想の5時間より大きく短縮。

目標が14時間以内だったので、初めてのIRONMANとしてはまずまずなタイムだと思っております。


これがフィニッシャーのメダルです。
f0036409_1243462.jpg


あと、これもフィニッシュの時にメダルと一緒にもらえた。
何気にカワイイので滞在中ずっとつけていた。
f0036409_125662.jpg






13時間35分というとレースとしては信じられないくらい長い時間だと思うかもしれませんが、3種目あるしやってるときはそれほど長時間という感覚がないのですよ、実は。

Bikeは後半飽きてきたというかスピードも落ちてしまい、3周回るうちの2周目にはプロの人や早い人たちにどんどん抜かれていき、「あぁ、私もこれが3周目だったらどんなに嬉しいか...。」なんて思ったりしていたもんですが。

Runは何故かフルマラソン走ったような気が全くしなかったんですよねぇ。
(遅い人たち組なので)走る頃には気温も下がってとても走りやすかったのと、何故か全然脚が重くなかったので、100人はゴボウ抜き。


もしかしてBikeで手抜いてた???


いやいやそんなつもりは無い無い。
多分坂が無かったからだと思われます。


とにかく完走が第一目標でしたからね。
配分緩めでも最後まで体力を温存するのが重要だったのですよ。




あと1週間は運動無しの休養期間です。
次回からも引き続きレースとCOZUMEL旅行についてレポートしていきたいと思います。

乞うご期待!





056.gif今日の仲良しさんたち056.gif

パンチョ DE ドギー
f0036409_12284225.jpg
f0036409_12235879.jpg







☆いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2010-12-06 12:24 | エクセサイズ

Sushi Ranger 2010



とうとうスシ・レンジャーの本番当日がやってまいりました。




NY Cityマラソンの前夜祭ともいえる、International Friendship RUN。
f0036409_8402423.jpg


世界中のNYCM参加者が集う’交流RUN’です。

スタートはやっぱりこの前から。

United Nation(国連)
f0036409_8535656.jpg


主役をさらったのは勿論わたしたち、


Sushi Ranger Deluxe
f0036409_857076.jpg
 



見よ、このマントをひるがせて走るRangerたちを。 ※中央緑はワサビ
なんか影の軍団(by JAC)みたいじゃな~い?
f0036409_8592778.jpg
f0036409_944556.jpg

キンピカの殿もSushi Ranger団です




ワサビが小さくて見えないという声にお応えして、(誰も言ってないって?)
大きめのやつを。
f0036409_982620.jpg
f0036409_9101829.jpg
f0036409_911442.jpg





こんなゴージャスなRangerたちですから、みんな写真撮りたくて撮りたくてしょうがないのです。

f0036409_9123234.jpg

特にフレンチ、イタリアンのみなさんから大人気




他の日本人ランナーのみなさんも仮装して練り’走’ってましたよ。
f0036409_916214.jpg
f0036409_916541.jpg




ゴールはCentralParkWestの本番マラソンと同じ地点。
最後にみんなでもう一度。

「Sushi~~ Ranger!!!」
f0036409_919572.jpg








+++ おまけ +++

Friendship Runではちょっとしたものを交換する慣わしがあるのですが、私がいただいたものは、
フレンチランナーから
f0036409_9223478.jpg

ダッチランナーから
f0036409_923124.jpg

素敵でしょ?




+++ おまけ2 +++

仕事が終わり、’素’で電車に乗ってるRangerたち。
笑える~~。
f0036409_9243676.jpg








☆いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2010-11-12 09:24 | エクセサイズ

BMW走破!




BMWとは車のBMWじゃあないですよ。


B: Brooklyn Bridge
M: Manhattan Bridge
W: Williamsburg Bridge

の3つの橋のことです。



日曜にラン友アンジーさんとその会社のランニング・クラブの方々とBMW走破に行ってまいりました。


朝8時にCityHall横、BrooklynBridgeたもとに集合。

朝日が昇って間もないので道行く人も車も少なく、それだけに澄んだ空気がやけに清清しい。


到着したら既にY氏が軽く準備運動をしながら皆を待っていました。
初対面なので怪しまれないようにアプローチし、ご挨拶。
程なくアンジーさんも到着。

あともうおひと方はなんと電車が止まらずにそのままブルックリンまで運ばれてしまったので、橋の途中で落ち合うことに。


では早速出発だ~~。




ここがBrooklyn Bridgeの入り口
f0036409_1010531.jpg




BrooklynBridgeはボードウォークみたいな木製の地面で、デザインも3つの中では一番クラシックな橋
f0036409_10181417.jpg




橋げたも中世っぽいデザインだよ
f0036409_10254423.jpg




そうしているうちにK氏も合流。
そのままBrooklynBridgeを完走。

さて次はManhattanBridgeをブルックリン側からマンハッタンへ。


ManhattanBridgeが違うところは、片側(南)が歩行者用でもう片側(北)が自転車用に分かれている点。
だから入り口がちょっとトリッキーで、ガイドのアンジーさんがいなかったら見つけられんかった。

この橋は3つのなかで一番ショボくて、あんまり人も歩いていない。
だから自由奔放に走れるのであった。




向こうに見えるのがBrooklynBridgeだよ
f0036409_10324158.jpg




じゃあワシもここで一枚
f0036409_10345100.jpg




ショボいManhattanBridgeの終盤(マンハッタン側)はMiddle of China Townで、超・超・超怪しいアパートが橋のすぐ横に。すべての窓が布か新聞で覆われていて、薬の売人もしくは売春婦の館にしか見えない。
DeepでDarkなChinaTownを垣間見た気が。
f0036409_10394450.jpg




ChinaTownを北上し、最後はWilliamsburgBridge~
f0036409_10423888.jpg




この橋はSideWalkも広くて路面もきれい。下に車が通っていて、横に電車が走ってます。
ブルックリン側はJewishタウンなのでJewishの皆さんがたくさん歩いてました。
f0036409_10485717.jpg



WilliamsbergBridgeはとにかく長い。しかも坂になってる。
トレーニングには一番良い橋ですね♪



あみあみの向こうにManhattanBridgeが。
こうやって見るとなんか遠いね。
f0036409_10525776.jpg




WilliamsburgBridgeでは電車と一緒に走ってるような写真がとれるので、Y氏が電車併走、2人は撮影隊、私は撮影隊の撮影係としてスタンバイ。
f0036409_10564713.jpg




一番きついこの橋は往復して再びChinaTownへ。
あー、いい汗かいたー。




(実はでかいバナナブレッドを来る前に食べてきているのだが)朝も早かったので、この後は朝粥を食べに。


Great NewYork NoodleTownという食堂へ。



魚のすり身とレタスのお粥、ピータンとPorkのお粥をそれぞれシェアしていただく。

レタスのほうは、すり身にゆず風味みたいな何かが微妙に入っていてサッパリ系
f0036409_1144825.jpg



ピータンのほうは動物的な味で走った後に効くようなプロテイン系
f0036409_1162416.jpg



朝粥いーわぁーーー。





この後は台湾系のTeaShopがやってるCafeでシュレディッド・バブルティーを。
バブルティー(黒いタピオカ入りのアイスミルクティー)がスムージーみたいになったのがそれ。
みなさんはタロイモを私は黒ゴマを。(写真撮り忘れた)
これ、夏にはすごくGoo。
絶対リピートまちがいなし!



この後は餃子専門店にも寄り、皆が冷凍餃子を購入。

私はそれ以外に菓子パンやらモヤシやらサツマイモやらを買い物。

あれ、何かいつの間にか買い物ツアーみたいに...。





いいんです。
走るのにお楽しみが付いてくるならそれに超したことは無い!

アンジーさん、ガイドありがとうございました。
また行きたいよん。






+おまけ+

その日の晩ご飯
f0036409_11163624.jpg













☆いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2010-10-26 11:16 | エクセサイズ



さて本来の目的、MightymanHalfが日曜に行われました。





レースの模様の前に、Montaukのビレッジをちょっとだけご紹介。

ビレッジ自体はどうってことない小さな町です。

Montaukはビレッジ以外にマリーナとか島の先端の灯台岬とかが主な観光地みたいです。(今回行かなかったのでよく分からない)


前回触れたHotel、というかMotelがこんな風にビーチ沿いに立ち並んでます。
f0036409_8212215.jpg


Memory Hotelという超’しがない’Motelが近くにあるのですが、なんとミックジャガーなどがその昔Montaukでアンディー・ウォーフォールなどとつるんで遊んでいた時代があって、MemoryHotelのBar(これもまたシケてる)によく出没してたそうな。
MemoryHotelが出てくる歌も後に作ったそうだ。


村の中心のロータリー。
f0036409_8225491.jpg
f0036409_8231357.jpg





そのロータリーの隣がレースサイト。
f0036409_8255289.jpg


Toughmanよりこじんまりとしてます。
参加者もずっと少なかった。

故にスタートも女性陣は一斉にスタート。
f0036409_8273240.jpg





そして、コースはこんな感じです。
f0036409_8281470.jpg


青のバイクコースと赤のランコースは2周します。




スイムのエントリーはこうなってます。
f0036409_8353043.jpg
f0036409_8342451.jpg




心配なのは水温。

もう10月ですからねぇ。
しかも気温がNY市よりずっと低いMontauk。
ウエットスーツは持ってきたけど、ほら、手足切っちゃったし。
大丈夫かなぁ...。







と、ここまでの写真は土曜日のもの。




当日はグースカ寝てる1人+2匹を置いて5AMに出発。






「う、すごく寒い~~~。」



いやあほんと夏はもう終わったんだなぁって思いましたよ、この朝は。

そんな中、袖なしのウエットでスタートを待つ30分は、レース中のどんなコースよりも辛かったことか。
それほど寒かったんですよ、早朝のMontauk。






今回のレースはある目的がありました。
それは何かというとズバリ、


新車に慣れる事。




新しいバイクはトライスロン用のバイクで、これまでのロード用と違ってギアがエアロ・バー(ハンドルの中央から出てる前かがみなポジション用のハンドル)の先についてるので、基本的にエアロ・ポジションが基本。

エアロ・ポジションは重心が中央に集まるので普通の自転車よりもコツが要ります。
グラリとすぐバランスが崩れるので私は結構怖かった思いを何回も。

でも、いい点もあり、使う脚の筋肉が微妙に違うのでこの後のRunへの負荷を軽減します。
あと、エアロ・バーには肘乗せがついてるので、上半身を休めながら自転車が漕げる。


などなどオタクな事を並べましたが、
要はうまく乗れないとそれらの利点も欠点になるっちゅうわけで、このレースでもっと自転車と近くなりたかったというわけなんですよ。







さあて、7AM近くになったのでいよいよスタートです。

心臓麻痺にでもなったらどうしようって思いながら水に入ると、


「あったか~~い」


外気温が低いので水温がとても温かく感じるんですよね。
まるでお風呂に入ってるみたい。(っていうのは言いすぎですが)


Swimは何故か今回とても遅かったんです。
いつも40分なのに時計をみたら47分でFinish。
なんかコースも長かったような...。

ま、とにかく次のバイクが大事大事。





レース初参戦の新車。
さあ、一緒に行きますよ。



バイクのコースはいたってスムーズで路面状態も◎。
路肩も広いので車との接触の危険性も全然無く、交通量も季節柄か少なくてとても走りやすかったです。

坂なんかもToughmanに比べると赤子のようなもの。
楽勝楽勝。

た・だ、




ものすごい海風。

ヅラなんかかぶってたらひとっ飛びですよ。 ピュー

濃いでも漕いでも進まん。

これはまた坂とは違った難しさ発見でした。

多分3時間ぐらいかかって2周完走。

結果的にはなかなかうまく乗れたと思います。

1回だけギアを変える時にグラリと転倒しそうになったけど、あとは比較的安定してたかな。

さすがカーボンフレームだけあって軽くて、平地でなんて漕いでるのを忘れるほど。





最後のRunは自転車の負荷が少なかったのと坂がきつくなかったので、走り始めは全然Toughmanの時より楽チン。

ただ終盤に上り下りが連続の坂があってみんな歩いてしまう程。
それが2周で2回あるもんだから精神的にもキツいんでしょうね。

私はいつもの’小刻み’作戦で、極小ステップで坂をこなしました。(※バックミュージックはメレンゲで)





Run2周目終盤は余力も残っていたのでちょっと飛ばしたのだけど、6時間は切れなかった...。

もうちょっとバイク飛ばしても良かったかな。

Finish Time : 6:02:42

ま、来年は6時間の壁を絶対切ろう。





Finishの後待っていたのは、何故か大興奮の2匹。
f0036409_937264.jpg
(Indy吠えまくってます)



ささ、じゃあ帰ってまたビーチでも行こうね。





まだ続く。




☆いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2010-10-06 08:16 | エクセサイズ

Upstate バイクツアー




またまた過去記事になりますが、



9/23にNYCC(New York Cycle Club)主催の’Escape New York’というバイクツアーに参加してきました。


もともとは一人でバイクの長距離練習に行こうと思っていたのだけど、誰がいたほうが安心だしそれに飲み物や食べ物も途中で補給してくれるしで、それに参加することに決めました。


朝7時集合場所に集まると、もうサイクラーがたくさん集合。

f0036409_22251969.jpg


なんと嬉しいことにコーヒーやクロワッサン、マフィンなど朝食が山盛り用意されていました。

f0036409_222658.jpg


しっかり頂いて、出発まで待つ。


「いつスタートですか?」
とボランティアの人に聞くと、

「スタートはいつでもいいのよ。ひとりだったら同じコースのグループに付いていくといいわよ。コース上の赤の矢印に従ってね。」
と言うではないか。


ということで早速出発進行~~。

コースは50マイル、65マイル、100マイル(※1マイル=1.6km)あって、私はドーンと100マイルをチョイス。
こんなイベントでないと100マイルを一人で練習なんて孤独すぎてできないからさ。


NYにお住まいで無いかたはピンとこないかもしれないけど、ルートはこんな感じ。
f0036409_22413891.jpg


左上の緑のところがBearMountainで、そこが一番上り坂でピークです。



当日は天気も良く少し暑いぐらい。

同じルートを行くグループに付いて行こうとせっせと自転車を漕いで行きました。

でもそのうちそのグループに人たちは第一休憩所でブレークに入ったので、私はそこまま一人でGo。

そこから第2休憩所までは♪あんなー坂こんなー坂♪、と坂だらけ。
でも前回のToughmanトライスロンでキツい坂を経験してるので、へっちゃらちゃら。


途中のRocklandではこんな美しい風景も。
ちなみにハドソン川です。

f0036409_22492569.jpg
f0036409_22501822.jpg
f0036409_2251641.jpg




第2休憩所も飛ばしてそのままGo!


Upstateは少しずつ紅葉が始まっていて、すっかり秋の装い。
黄色い葉っぱがチラチラと舞い降りてくる道を自転車でツーリングするのは、なかなか’オツ’なもんでした。



第3休憩所では水分も無くなったのでブレークすることに。

ここでもビーナッツバター&バナナのサンドイッチがあったり、オレンジやバナナ、PowerGelなど補給食がいっぱい。
ナイス!!!


適当に休んで出発。
こっからFinishまではもうなんてこと無いな。




なーんて思ってのが甘かった。

NJに入ってから住宅街を抜けてGWBまで行くのですが、そこがすごい急なのぼり坂。
80マイル走ったあとゆえ特にキツい。

知らないコースだとどこまでが坂の終わりなのかわからないので、メンタル的にもキツかったりするんです。

しかし、そんな時いつも頭でリピートするフレーズは、


 - 明けない夜は無い -


笑えるかもしれないけど、これマジでいつも使ってます。





ようやくようやく9Wに合流して、知ってるコースに。

今度こそあともうちょっと。





約7時間かけて遂にFinish。

マジ疲れた~~~。

11月のIRONMANは112マイル自転車の後、フルマラソンですよ。
考えられない...。
あ、だからもう考えるの止めとこーっと。




Finishのあともこれまたナイスなお食事が。

イタリアンサンドイッチ、ジェラート、ヨーグルト、etc,etc。
もちろんありとあらゆるものを頂きましたよ。
サンドイッチは特にうまかった!
(おいおい、食欲あるってことは疲れきってないのでは???)

f0036409_2381464.jpg



みんなゴールして清清しそうです。

f0036409_2394196.jpg





いやあ、まったくチャレンジな1日でした。
でも100マイルやってみて良かった。
ちょっぴり自信もついたしね。

あぁ、これからもトレーニング、がんばるぞぉ!





P.S. 7時間も自転車乗ると、’又擦れ’ならぬ’尻擦れ’なるものになるんですよ。あぁ、これも初体験...





☆いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2010-10-01 23:13 | エクセサイズ

Toughman HALF 2010


先週日曜は、WestChesterのCroton Point Parkで、Toughman HALFというハーフアイアンマンのレースがありました。

去年も出たやつです。


f0036409_1048094.jpg




去年は私にとってのトライスロン元年で、7月のNYCトライアスロン完走がとにかく最初の目標でした。

でもそれが終われば次の何かにチャレンジしたくて、このToughman Halfを思いがけなく申し込んでしまったんですよね。

でも又それが終わったら、今度は走ったことのないマラソンにチャレンジしてみたくなって、10月のコネチカットのマラソンにこれまた思いがけなく申し込んでしまったんですねぇ。

そして、今年最大のチャレンジ、IRONMANへ。




あぁ、トライアスロンってまったく恐ろしいスポーツだ...。






今年は去年と違って雨の心配などされて、しかも気温が低いとあってどうしようかなぁと思ったけど、やっぱウェット無しで臨みました。

だってクロールじゃないんだもん。(まだそこまでサクサク泳げないのよ...)



IRONMANの大先輩シャカリキさんが今年はボランティアで参加されて、いっぱい写真を取ってくださいました。

そのなかで特に自分で自分にシビれた写真はこれだ!







f0036409_10264249.jpg



ひとりだけビキニだ!





実は水温は結構高いのですよ。(ほら1週間前にLeeも泳いでたことだし)

だからビキニで十分なのさ。

でも気温が低かったせいか、ウエット無しというだけでSwimから上がった時に賞賛されたので、ちょっといい気分でした♪






この後はBikeなのですが、やっぱ面倒なのでこのままGo。

f0036409_10324850.jpg

※転ぶと大怪我するので良い子の皆さんはちゃんと服を着ましょう







そして最後のRunはちょっとフェミニンにランスカで気取ってみました。

f0036409_10344324.jpg






そしていただきましたFinisherのメダル。

f0036409_10371327.jpg






去年は相当キツかったので、今年はちゃんとどういう風にレースをするか目標を立てて臨みました。

タイムは目標ではなかったのだけど結果的に去年より30分以上縮められたし、今回は自分の体力を終始コントロールできたので大満足。

ま、それでも周りのオバちゃんたちには相変わらずかなわないんですけどね。


Total 6:09:18
Swim 40:51
Bike 3:18:02
Run 2:03:56





f0036409_1046583.jpg





最後にボランティアでサポートしてくださったシャカリキさん、お雪&内之助夫妻、ありがとうございました。

レース後に喜びを分かち合える人たちがそこにいてくれて、本当に本当に嬉しかったです。





☆いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2010-09-15 10:51 | エクセサイズ

というFund Raiserのマラソンレースが昨日セントラルパークでありました。

距離は3.5マイル。
約5Kmってとこですかね。



わたしのいるHobokenオフィスからは、私とCちゃんとKちゃんとN君とK君が参加。

CちゃんとN君は2週間前に会社の周りをジョギングしたチャット・ラン仲間。

あと、贅沢なことに応援団も結成されたんですよ~。




レースは7PMからと遅いので、家で着替えて、AfterRaceのアパートの屋上での飲み会の準備なんかしてたら、スタートまでもう時間が無い。

走って向かったけど既にスタートラインは遠ーーーーいところに。
すごい人人人。

N君ともっと前に進もうとしたけど、もう無理っちゅーとこでスタートのGun。




今回あんまりノンビリ走っていられない理由があったのです。

それは早くゴールして家に帰ってビールを氷水に入れてビザとかつまみをオーブンに入れて、などなどの準備が待っていたから。


でもすごい人でしかも歩いてるグループなんかもいっぱいいて、思うように飛ばせない。


結局28分くらいかかってゴール。
ちっ!本当は25分くらいで完走するつもりだったのに...。




ゴールして飲み物を5本くらいガバっと取って家路に向かって後のランナーと応援団が来るのを待ながら準備。




みんな無事完走!

いつも走ってるわけでないKちゃんは、「I made it!(私、やったわ!)」と感激していました。



応援団も到着して宴が始まり、(遅くなったので)すっかり暗くなったビルの屋上で完走の喜びに皆浸りながらビールを次から次へと空けていったのでありました。







さてその次(今日)には、私はこんなことになっています。



!!!
f0036409_1038817.jpg





実は今日膝の手術したんです。
NJマラソンの後に膝の違和感があって、MRI撮ったら半月板が損傷していました。

痛みというよりも違和感で、それもすぐ無くなるんだけど、半月板は靭帯とか筋肉とかと違って勝手に治らないので、ちょっと削って表面をスムースにするというマイナーな手術です。


今やっとかないとIRONMANに間に合わなくなるからね。
とにかくさっさと済ませたかった。





手術の前に走っていいのか???
ビールもそんなに飲んでいいのか???

という話もありますが、ほらしばらくは運動できないし、どうせ治すんだから別に、ねぇ。
(実際、飛ばして走ったにもかかわらず膝は全く問題なかった...)




はぁ...
またしばらくエクセサイズはお休みなので、せいぜい腕立て伏せとか腹筋でもしておきまーす。
>>> 結局毎晩ビール飲んで終わりそうな気もするが




☆いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2010-06-19 10:50 | エクセサイズ

Manhattan Island Marathon



マラソンは走るだけがマラソンだと思ってるでしょ?



ちがうんです。



泳ぐマラソンもあるんですよ。



しかも、ここマンハッタンを舞台とした。
NYC SWIM Manhattan Island Marathon





マンハッタン島1周、45.6Km。

ぐるりと泳ぐんですよ。

信じられますか?

水温たったの17,8度ですよ。





そんな脅威的なレースに、NY在住のトライスリート、徳さんがリレーで出場しました。

リレーっていっても1回泳いで終わりじゃなくて、4回泳ぐんです。


徳さんは2009年のIRONMAN JAPANトライスロンレースで見事完走を果たした鉄人のなかの鉄人。

今回他の3人のメンバーは東京からやってきたという生粋のTeam Japanを結成。
(確かそのメンバーにもIRONMANがいるという話、おぉ~~)




今回4人リレーの部で見事3位入賞でした!!!

わーーー、パフパフパフ~~~。


日本人の名前が並んでるよーーー。
出身地でTokyo,Japanって並んでるよーーー。





泳がない人は見当も付かないかもしれないけど、何が辛いって水温が半端なく低いんですよ。

普通、夏のプールとか海とかは26,7度なんですよ。
それでも冷たいって感じますよね?
それよりも10度も低いって、あなた。

私は絶対無理...。





実はこのレース、ボランティアで参加しました。(ええ、ボランティアで結構ですとも)

私はFinishのスイマーに保温用のブランケット(銀紙みたいなやつ)をかける係だったんですが、スイマーのみなさんにかけてあげたときの皮膚の温度はもう氷状態。



でもね、でもね、Team Japan以外のスイマーって白人だけなんですよ。

白人って体温高いし、それに脂肪だって程よく付いてる。

Team Japan、この水温にはそもそも不利じゃないですか。



なのに堂々の3位入賞。

私、日本人として非常に誇らしく思います。

徳さんをはじめとしたTeam Japanにこころから賞賛を送りたいと思います。

パチパチパチ~~~。




最後に、ソロで総合優勝したオージーのChloeさんをご紹介。

f0036409_11301497.jpg



一人で約46Km泳ぎ切りました。

しかも5秒差で2位のSpainのJaime君を振り切っての優勝。

5秒差なんて泳いでいても本人はわかないはず。

でも最後まで全力で泳ぎきった結果が見事実を結んだということですね。

Chloeさん、おめでとう!










☆いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2010-06-14 11:34 | エクセサイズ


先週の日曜にハワイ ホノルルでトライアスロンのレースがあって、そのオリンピックDistanceに元ヤクルトの古田選手が出場しました。

前にもちょっと紹介しましたが、古田選手が人生初のトライスロンをやることになったきっかけはJustGiving Japanというソーシャル寄付サイト。

JustiGiving Japanは自分の挑戦を公にして、それを達成するのと引き換えにPublicから寄付を募るというもので、寄付をする非営利団体はいろいろな分野にわたっています。


実は私も初挑戦のアイアンマンをここでチャレンジとして登録しようかなぁなんて考えています。
支援先は動物保護団体。

寄付を集めたいというのもあるけど、自分自身がどうしても完走したいので、こういうところで最後のド根性を搾り出せるかも? なーんて思いもあったりして。





さて、話は戻りますが、


私は結構昔から古田選手みたいな人が好きです。
野球は全然興味ありませんが、眼鏡をかけていて頭が良くってユーモアもある人なんて、もう完璧の完璧です。

あー、Leeが古田選手だったらなぁ...。(向こうがお断りだって?)




野球選手はチビッコの頃から泳ぎは禁止なのだそうです。
それは肩を冷やすから。
だから泳げなかった古田選手。


その古田選手のトライスロン完走への道をシリーズで連載したのが、日経のWebゲーテ


泳ぎが全くだめだった最初の頃からレース直前までの成長の様子が読めます。

あと、トライスリートにためになる情報もちらほら載っているので、ほぉ~と言いながらランチタイムに読んでいました。



そうしているうちにシリーズは終わり、いよいよ5/16が本番のレース。


月曜には結果が出るはずなので、早速会社でSearchしましたYO。

完走はするだろうと思っていたので、タイムがどんなだったかを見たかったのです。





結果は、

No. Lname Fname   Swim   T1   Bike   T2    Run   Total
27 Furuta Atsuya   34:14  2:17 1:16:19 1:30  58:45  2:53:48






び、微妙に負けた...



ちなみに私の去年の記録は、


Swim   T1   Bike     T2    Run    Total
24:12   8:21   1:32:06    1:50   54:35   3:01:01



多分、T1と呼ばれるSwimからBikeまでのTransitの距離がNYのやつはとても遠いのでそこで時間がかかっているというのもあるでしょう。

逆にSwimは向こうは海なのでNYCよりキツかったかも。

でも、やっぱ男性はBike速いなぁ。



Totalで負けたのはちょっと悔しい...。





古田選手とはきっとお互い2回目の挑戦でいい勝負ができるのではないかと勝手に思っております。


いつかどこかでバトルを繰り広げることを夢見ておりますよ~~、古田さん!



056.gif今日の仲良しさんたち056.gif
ちょっとかわいい顔♪
f0036409_111651.jpg






☆いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2010-05-20 10:39 | エクセサイズ


小出しにその5まで引っぱってゴメンなさーい。

今回がシリーズ最終回です。





レース当日。



私は遅いランナー組なので、シャトルパスも7:30AMまでに行けばOKなのでありました。

だからのんびり起きて軽くシャワーを浴びて朝ごはんを食べに下のダイニングに行ったら、


...誰もいなかった。



アレ? もしかして自分、時間間違えてる???

と焦ったりしましたが、数人のランナーらしき人がまだいたので安心してベーグルなんぞを食べてきました。



ギリギリの出発時間にしたのは、スタート地点でずっと待っていたくなかったため。

基本的に待ち時間というのが大嫌いで、しかも朝だから気温も低いし身体も冷え切ってしまいそうだから、これでも私なりのストラテジーなのよん。



そのバス乗り場に向かっていく途中で、車に乗ったカップルから呼び止められました。

「マラソンのバスってどこか知ってますか?」

「すぐそこですよ~。車は左折しないとダメですねぇ。」

「今から行くんですか?一緒に行っていい?」

「もちろん。行きましょ行きましょ。」


一緒にいった多分わたしと同じくらいの歳の女性は、履いていたボトム(CW-Xという筋肉をサポートするランニングパンツ)も一緒でした。

バスを待つ列に並んでいるときに、「マラソンの他に何かやってるんですかー?」などと世間話みたいなのを始めると、なんと彼女は去年フロリダでアイアンマンレースを完走したというではありませんか!

もうそこからはトライスロンについての話ばっかり。
バスのなかでも、どれくらいアイアンマンが辛かったとか、レース中の栄養の取り方の話とか、フロリダのコースはどうだっかとか、などなど。





現地に着いてからは風が強くない陽の当たる場所でストレッチして、いよいよスタート地点に向かいます。

Bostonコースは後半の坂がきついと聞いていたので、とにかく前半を飛ばさないように飛ばさないように心に留めておきました。



そうしているうちにランナーたちが自分の番号の枠に並び、着ていた防寒用のボロ服も脱ぎ、さあスタートのBang!です。

大声援とととに順番にスタートゲートをくぐっていきます。

「とにかくペースをキープ、ペースをキープ。」
と唱えながらボチボチと走り出しました。



沿道は常にたくさんの人が応援してくれて、子供たちがハイタッチの手を差し伸べているのに微笑みながら手を当てていきます。
※ちなみに学校はこの日は休みだそうです。

さすがに最初は余裕余裕。

前半は確かに微妙な下り坂なので走りやすいし、ペースも5分/Kmをキープ。




身体がちょっと疲労してくるのがわかるのはやっぱりハーフを超えてから。

ペースが少しずつ落ちてきます。

それとともに今度はコースのアップダウンが始まります。

辛いなぁと思い始めた頃に、右側に女子高(か中学)のたくさんの生徒さんがハイタッチの手をだしながらものすごい声援を送ってくれています。

そこで突然「やるよ!いけるよ!」と自分に言い聞かせ、ハイタッチして通り過ぎながら自分を奮い起こさせることができました。



応援の力ってほんとすごい!
何故か感動すら覚え、思わず涙ぐみそうに...。

これはねぇ、走った人でないとわからないかもしれないですね。
どれだけ応援が心の支えになるのか。





ま、そうはいいながらも、やっぱり辛いものは辛い。

そんな時にふと沿道の人が差し出すオレンジをほおばってみると、

生き返った!

それからはオレンジを目で探しながら走りました。(笑) いやマジで。




Boston名物のHeartBreakの坂ですが、坂は4部構成になっていて、その始まりの前に急なDownがあるんです。
それが4つの登り坂のプロローグ。


いよいよ始まったなぁと思いながら、

1つ目、 超えた。

2つ目、 う、急だなぁ

3つ目、 長い、かなりキツイ

さあ最後のHeartBreak、4つ目、


...あれ、あんまキツくないよ。

ちょっと長いけど急じゃないのでやや肩透かし。
まわりのランナーも沿道の人に「これHeartBreak?ほんと?」って聞いてたくらいだし。

まあこれはいい事でしたけどね。




そんなHeartBreakの坂より、自分の中での本当の勝負は30Kmを超えてから。

一番しんどかったは街中に入ってきたゴールまで残り7,8Kmぐらい。

まず横隔膜が痛みだした。
右足の小指の皮がめくれた。


普段は水分補給エリアでそれほど止まらないのだけど、この最後の7Kmはもう止まってゲータレードをゴクゴク。

すると、不思議なことに身体がスーっと生き返ってくるんですねぇ。

横隔膜もそのうち痛みがおさまり、残りいよいよ3Kmぐらい。


たった3Km。セントラルパークのシープメドー1周くらい。
そんなもんなのに、やっぱり辛い...。


でもそのうち、ある角を曲がったら、あのゴールの青いゲートが見えた!


もうすぐそこ。
そこまで行けば終わるんだ。



最後の力を振り絞って(大袈裟)、ゴーーーーーーール!!!



脚はねぇ、もうガクガクでしたよ。 明らかに練習不足...。
あとレース中の水分補給が全然間違っていたようで、ゲータレード2本と水1本を速攻空けました。


どんなタイムでも完走はやっぱりいいもんですね。
達成感がある。




ほんとうはBostonは記念に1回出とけばいいか、なんて思っていたけど、この先出れるもんなら毎年出たいレースのひとつとなりました。


f0036409_10504949.jpg






ちなみに筋肉痛はすっかり無くなりました。
小指の皮はまだ再生途中。


でも、実は日曜にNJのフルマラソンなんですねー。
今度も完走できるように、がんばりま~す♪





☆いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2010-04-30 11:00 | エクセサイズ