トライアスロンをライフワークとするYabyが綴るめしメニュー。たまにワンコもね。


by yyaby
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:おたのしみ( 190 )

Hedwig and the angry inch


Broadwayには普段興味ないのだけど、これは観たいって言ったらLeeがチケット買ってくれた。
イエーイ!
f0036409_8434451.jpg


応援ありがとおおおお!
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村
[PR]
by yyaby | 2014-05-03 08:44 | おたのしみ

Jamaica 2013



4半期に一度の更新になりつつあるYaby Blog。

今日は思い切って(何をだ?)1月に行ったJamaica旅行をレポート!






NYが激寒の時期に初ジャマイカを楽しんできました。


直行便でなかったのでちと遠いなぁとは思ったものの、Montego Bay国際空港に着くと気分もうカリビア~ン。

が、なんだかいつもの旅行とは雰囲気が違う。

あ、そうか。みんな周りが黒人だからか。

いつもはヒスパニック系ばっかだから、背が高くて肌が黒くて(しかも本当に黒い)、ドレッドだらけなのに妙に異国情緒。



今回私たちの滞在先はNegrilというMontegoBayから車で1時間半西へいったところ。

観光者向けの乗り合いバスのチケットを買って、(主に年寄りな)同乗者と目的地へ向かう。
年寄りたちはまだ行きのバスだというのにクーラーボックスに詰め込まれたRedStripeを仲間に回して飲み始めている。

「おいおい、まだまだこれからなのに。えらい飛ばしてるね。」

とは余計なお世話なので言わなかったけど。



バスの運転手の兄ちゃんはJamaicaについての説明をしながら、海沿いのUpDownなクネクネ道を運転していく。

「高台に立ってるきれいな家は医者とか看護婦とか企業家とか、”ある種の薬”売りのビジネスマンだ。」
とか
「ここではYesとは使わない。みんなYamon(ヤマン)というんだ。はい、リピート。Yamon!」
とか。


誰かが運転してくれてると街の様子を思い存分観察できて良い。

ところどころある市街地には人も多く、頭にでっかいカゴを乗せて野菜や果物を運ぶ女性、学校が終わって集団で歩いてる制服の学生たち、海辺で座ってる男たちがいるのが見える。

誰を見ても、走るのが速そうだ。


そして、たまに道沿いに繋がれている動物を発見。
山羊である。

つながれてない場合もある。危ない。でもひかれちゃったらそのあとカレーにして食べちゃうんだろうけど。
ちなみにJamaica名物でもあるゴートカレー。骨が多くてとても食べにくいです。




そうこうしてるうちに、ホテルに着。

私たちが泊まったのはリゾートではない小さいホテル。
Jamaicaは結構ホテルがお高いので、ロケーションとプライスとユニークさで選んだのだが、コストパフォーマンスはJamaica価格にしては◎だった。
キッチン冷蔵庫つきのOceanViewにUpgradeしたので、加えて快適だった。

ただし、このホテル、子供と年寄りと高所恐怖症の人にはお勧めしません。
f0036409_6233962.jpg
f0036409_6244087.jpg


景色を愛でながらRedStripeを飲むも良し、
f0036409_6433819.jpg


クリフから飛び込んで遊ぶも良し、
f0036409_6461499.jpg


そして、ここからの夕日は特にきれい。
f0036409_6331720.jpg



Negrilといえば有名なのが7マイルsビーチ。
白い砂浜が7マイル続いていて、ビーチサイドにはリゾートホテルや掘っ立て小屋のジャークチキン屋やこれまた掘っ立て小屋のBar、そして青空みやげもの屋などが続いている。
f0036409_6371879.jpg
f0036409_6384327.jpg
f0036409_6393390.jpg


水温は85~90Fぐらい。遠浅でリップカレントみたいなものはなく、OpenWaterの練習に最適ともいえるビーチ。

ビーチではLeeが白人だからか、やったらめったら葉っぱのセールスがやってくる。
ジャークチキン食べにはいった店で兄ちゃんが、
「おれニューヨークにいたぜ。」
「ふーん。どこ?」
「フラットブッシュ。」
「...(出たよ)。」
「ところで、あっちの買い物はしないのか?手ごろにしとくぜ。」
「...(やっぱりな)。」

あとは勝手に採ってきたロブスターを$10とかで売ってる兄ちゃんたち。
思わず買ってみたくなったけど密漁のものに手を出してはいけないので、やめた。
いつ茹でられたのかもわかんないし。



その他アクティビティとして、Negrilではないけど、見逃せないのがYS Fall。

有名な滝登りのとこですね。

ここがまた遠いのだ。
でもね、道中タクシードライバー(ホテルお抱えのクリスっちゅうおっちゃん)がいろいろ話を聞かせてくれたり、寄り道したりして割と楽しかったりしました。


まずはYS Fallから。

f0036409_6533539.jpg
f0036409_6561243.jpg


滝修行させられる私たち。
f0036409_6583044.jpg
f0036409_6593080.jpg
f0036409_704018.jpg


滝を出た後のメインエントランスのあたりにはそれはそれは美しいプールが2つあるのです。ここで約1時間まったりと。
f0036409_7161237.jpg


ドザエモンになりきるLee
f0036409_74177.jpg



帰り道。
クレイイッシュ(小さいザリガニ)の茹でたのを売ってる店があったので、止まってもらった。
しょっぱくてすごくスパイシー。ズバリ、酒のつまみ!(飲まなかったけど)
f0036409_7193664.jpg


同じ店にはジャマイカだけで食される国民食Ackeeや南国フルーツも並んでいた。

Acheeは果実であり、料理して食べるもので卵みたいな食感。塩漬けしたタラと調理するのが定番らしい。
f0036409_7241228.jpg
f0036409_72541100.jpg




途中、ボブ・マーリーの暮らした村を通った。えらいド田舎だった。
こんなとこから世界的に有名な歌手が出てきたとはこれまた不思議な感じだった。
2月の頭はボブ・マーリーの誕生日らしく、NegrilでもBirthdayBashという大きな野外コンサートが行われるという広告が出ていた。




最後はちょっとだけうまうま編。

ジャマイカといえばジャークチキン。
私はポークが食べたかったのだけど、チキンにしかめぐり合えなかった。
数軒食べ歩いたけど、それほどスパイシーではなく、そのレストラン特性のソースが決め手、という感じでしょうか。チキンは調理するのに時間がかかるので、長~~~いジャマイカンタイムを覚悟しなければならないのも特徴。
f0036409_7394057.jpg


Ackeeとタラの塩漬けがサイドに添えられたジャーク・チキン。
f0036409_7425082.jpg


コンク貝も何回か食べたけど、これはいつもおいしゅうございました。
f0036409_744228.jpg


極めつけはロブスター。アメリカタイプではなくて日本の伊勢海老タイプです。うまかったっす。
f0036409_7461679.jpg


レストランの値段は実はNYと大して変わらないかも。
観光地で島国だから、物価の高さも仕方ないかな。



もろもろの写真
f0036409_7502754.jpg
f0036409_7511119.jpg
f0036409_7521747.jpg
f0036409_7535137.jpg
f0036409_7554696.jpg




個人的にはちょっと空港からも遠かったしダイビングもあんまりいいスポットじゃなかったので、又来るかと聞かれたら、うーんどうかな、という答えだけど、Leeはいつものメキシカンなビーチバケーションと違って結構Negrilはツボったらしい。



おしまい。





☆いつもありがとうございます☆

HOGO犬 ONEMATCHING

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2013-03-03 08:09 | おたのしみ

久々に実家に帰る


10月に遡りますが、

実家(福井)に帰ってきました。



もともと予定してたわけではなく、10月の祝日を利用してたった5日間だけ(実質3日だけ滞在)という短い里帰りでした。


が、しかーし、


f0036409_11561261.jpg
福井マラソンに出て年代3位になって新米のコシヒカリ貰ったり、



f0036409_11582430.jpg
海の一望の温泉につかったり、



f0036409_11592140.jpg
秋祭りで親戚が集まって田舎のご馳走をいただいたり、



で、とても中身の濃い3日間でした。


親戚にも高校の友人にも会えたし、またこの時期に帰ってこようかなぁ。







☆いつもありがとうございます☆

HOGO犬 ONEMATCHING

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2012-11-19 12:05 | おたのしみ

温と寒




ここ1週間お休みをいただいておりました~。



で、どこに行っていたかというと、





f0036409_0421820.jpg

眩し過ぎて目が開けられないLee




とか、





f0036409_0435916.jpg





とか、





f0036409_0453842.jpg






な国、メキシコに行っておりました。





みんな、「何のレース?」って聞くんですけど、今回はまったくのバケーションです。

ビーチでピナコラーダ飲んでダラーっとしたり、スキューバダイビングで海がめと泳いだり、マヤ遺跡にいったり、なんかしてました。

あ~、極楽極楽。

メキシコってい~な~。







って昨日遅く戻ってきたら、今日からこんなです、ニューヨーク...、








f0036409_0514358.jpg
f0036409_0521956.jpg
f0036409_0525176.jpg




一気に現実戻り。

でもワンsが嬉しそうだから、ま、いっか。


f0036409_054122.jpg









☆いつもありがとうございます☆

HOGO犬 ONEMATCHING

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2012-01-22 00:54 | おたのしみ



オフシーズンんでダラダラしてるせいか、BLOG更新もかなりダラけ気味です。(通年だって?)



そんなわけで画像だけでもお届け。




最近新車買いました。  ※実際はeBayで中古を買ったのだけど。



f0036409_10181610.jpg





☆いつもありがとうございます☆

HOGO犬 ONEMATCHING

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2011-12-11 10:21 | おたのしみ
シリーズ、今回で終わりです。


その前に幻想的なサンテミリオンの収穫祭のご紹介。

葡萄畑の祝菓子 ヴァンダンジュ 2011 GATEAU VENDANGE


この週まで滞在していたかった!




「おいしいものが無いところに旅行に行く意味は見出せない。」 by ガンジー Yaby



うまうま編、多くは語りません。
とにかく写真からその美味しさを感じ取ってください。





Yokoさんと無事ボルドーのHotelで会えて、その後にCafeでランチ。
こんなでかサラダ、誰が完食できるんや?!   >>> わたし
スモークサーモンとハム盛り合わせのサラダ、向こうはトマトとフレッシュモッツァレラのサラダ
f0036409_8564065.jpg
スプレーのO.O.とバルサミコ。機能的~。
f0036409_974913.jpg




おやつはgなんとかちゅうparis風マカロン屋。
マカロンは私には甘すぎ。ビスケットは甘いんだけど食感がGoo。一番下写真のカラメルをLeeのお土産に購入。「もっと買ってきてほしかった!」だってー。
f0036409_914637.jpg
f0036409_923515.jpg
f0036409_934293.jpg




その日のDinnerはイタリアン。
生ハムとパルミジャーノのブルスケッタ
f0036409_8583485.jpg
手打ち太麺が意外と歯ごたえあり、辛味もちょうど良しなスパゲッティ・アラビアータ
f0036409_964392.jpg




Numberピックアップにポイヤックに行った時のランチ。
アイオリソースとチーズが濃厚さを増殖! 魚介のスープ
f0036409_9114254.jpg

アーティチョークとシーフードのサラダ
f0036409_9124546.jpg

買わなかったけどトライしてみたかったオッパイみたいなソフトチーズ
f0036409_9135781.jpg




マラソンの夜は疲れたし遅く戻ったのでアッサリしたものを求め、Hotel近くのベトナム料理屋に。
Phoが優しいお味でGoo。
f0036409_9174082.jpg




midoriさんとこに移動の日。電車までに時間があるのでブラブラ。
ベーカリーPaulでYokoさんにエクレアを買ってもらう
f0036409_9205885.jpg
Lee好みのラズベリーのタルト
f0036409_9223555.jpg




向かったワイン博物館がTouristInfoで聞いた時間に開いて無くって、仕方なく歩いて戻ってくる途中で出会ったガロンヌ川沿いのマーケット。
めちゃうま! 茹でエビ、生牡蠣、小さいなんとか貝。貝と牡蠣はおかわり。貝の内臓部分もクルンと出せると尚ウレシ。ワインも1ユーロちょい。ボトルで買ってる人多し。博物館開いてなくて良かった!!!
f0036409_927131.jpg
f0036409_9275393.jpg
f0036409_9293796.jpg






さあて、ここからは打って変わってA級グルメですよ~。
詳しくは、きれいなショットとともにコクリコの家へようこそ VACANCES DANS LA VIGNEご参照。
あと、コクリコの風レシピ集にも素敵なお料理が満載!



 - Dinner その1
にんじんの冷静スープ フォアグラ入り
f0036409_9364051.jpg

うんまーーーーい! 鴨のボルドー煮
f0036409_9373326.jpg

ポテトグラタン
f0036409_9382745.jpg

フロマージュ 中央はくるみとブノワさん特製プラムのアルマニャック漬け
f0036409_9401514.jpg

ジンジャーが利いたイチジクのタルト
f0036409_9412152.jpg



うう、おなか一杯で、もう食えん...。












と言っていたはずなのに朝ごはんはしっかり。

midoriさんのマブダチ(もう古典の域の語彙?)のイヴェットさん特製のローズマリーとアプリコット(?)のジャム(中央)が一番のお気に入りに。
f0036409_9511324.jpg
f0036409_9515220.jpg


ちなみにイヴェットさんのだんなさんのジョルジュさんは何と平泳ぎのオリンピック選手だったそう!
「平でもKona」を目指す私としては、次回は是非教えを乞いたいところです。




昼はスーパーに行って買い物。コニャック入りチョコレートをLeeに。>>>これももっと買ってきてほしかったらしい
ソフトチーズがいっぱいあって安い(@_@)。うちの近所も安いほうだけど、これの3倍はするかな。
f0036409_9563127.jpg






 - Dinner その2
その夜はジル様を迎えてのDinner。

ライスサラダのスモークサーモン包み
f0036409_9583652.jpg

コクリコの風特製クスクス
f0036409_9593337.jpg
f0036409_101645.jpg
ピーチパイ♪
f0036409_1023122.jpg






あぁ、ほんとにもう満腹。
おやすみ~~~。





日があけて、朝市のあとは、
ランチはご存知”ラ・ピュス”。

食べ放題飲み放題システム。でかい皿でドン!と来る。メニューは日替わり。

野菜のスープ
f0036409_1055967.jpg

コーン・ビーフならぬコーン・ポークなパテ、これ特にうまし。マッシュルームのトマト煮、クスクスのサラダも
f0036409_1083620.jpg

カルボナーラ
f0036409_10111817.jpg

肉じゃ肉じゃ~~~。シューシーなポークBBQ&肉に食らえつくアマゾンヌ
f0036409_10102910.jpg
f0036409_10122653.jpg

デザートいろいろ。勝手に取っていって食べてよし。
f0036409_10133160.jpg
f0036409_1014968.jpg





く、口から肉が出る...













が、サンテミリオンではmidoriさんお勧めのカヌレ屋でカヌレを。
うん、ここのが一番うまい!外はカリッ、中はモチッ。焼き芋の風味、するする~。普通に粉と卵とミルクだけが材料なのに、なんでこういう食感と風味になるんだろう。不思議だなぁ。
f0036409_1017133.jpg






ちょっと歩いたので、お腹がこなれた。








 - Dinner その3
最後の夜の晩ご飯は、

ラクレット
f0036409_10192287.jpg

ラクレット専用グリルでこんがり焼いたチーズをジャガイモやマッシュルームやハムに乗せていただきます。
f0036409_10253862.jpg

ビーツのサラダ、くるみとりんごのエンダイブのサラダも、濃いラクレットの途中にサッパリな合いの手。
朝市で生け捕りにしたセップ茸も登場!
f0036409_10232070.jpg







こんなに食べてばっかの私たちですから、旅立ちの朝はmidoriさんが、「途中でお腹が空くといけないから、昨日のハムでサンドイッチでも作って持っていったら?」と言ってくれたので、お言葉に甘えて作ってかばんに忍ばせて行きました。

正解。ボルドーに着いたやいなや、小腹が空いたのでバスを待つ間ムシャムシャ頂きました。






旅では風景もさながら、やっぱり美味しいものが一番記憶に残るものです。(少なくとも私は)

そしておいしいものをこうやって毎日いただけたフランスの旅は、One of the best の旅になりました。

midoriさんブノワさん、温かいおもてなし、本当にありがとうございました。

Yokoさん、たった1週間だったけど楽しい旅だったね。忘れません。



そして、きっときっと又戻ってきます。

約束!!!







☆いつもありがとうございます☆

HOGO犬 ONEMATCHING

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2011-10-11 09:33 | おたのしみ
今回はお出かけ編です。



リブルヌの朝市とサンテミリオンの美しいビレッジに行ってきました。




今日のはそんなに大きくマルシェだそうですが、いろんなお店が出てましたよ。


生きアヒル!
f0036409_9305928.jpg


生きうさぎ!
f0036409_9322181.jpg


生きセップ茸!
f0036409_9334776.jpg

このセップ茸はその日のDinnerに登場~。

キノコ片手のおもろい夫婦
f0036409_9591066.jpg




そして、

ご存知
f0036409_9393796.jpg


もちろん
f0036409_9413055.jpg




食べ物以外のお店もあって、手芸やにはこんなボタンが売っていました。
手芸する人は是非コレクションしておきたい品々
f0036409_9541795.jpg
f0036409_9562888.jpg
f0036409_957276.jpg




マルシェでお買い物を楽しんだ後は、お昼の時間で~す。



ブドウ畑の真ん中にある、ラ・ピュス。
f0036409_10103536.jpg


このレストランは幹線道路沿いにあるので、フランス版トラック野郎たちが立ち寄るスポットなのです。
トラック野郎なのにお昼からワインやビールをガンガンだぜ
f0036409_10135742.jpg



レストランのマダム。御年90歳!
お客さんのおもてなしやお勘定の暗算だって、まだまだ現役ですよん。
f0036409_10181627.jpg



死ぬほどたらふく食べた後は、腹ごなしも兼ねてサンテミリオンのビレッジへ。





小高い丘全体が観光の街になっています。
てっぺんには教会。
f0036409_10265622.jpg

f0036409_10285315.jpg
モデル:おもろい夫婦


小道は石畳でどこも坂。
おもいっきりヨーロッパな風景
f0036409_1034263.jpg
f0036409_10354275.jpg
f0036409_10365517.jpg



midoriさんが撮ってくれたこの一枚は結構お気に入り(拝借いたしました~)
f0036409_10392963.jpg




ここでワインの仕入れを。
f0036409_10514723.jpg

f0036409_1043991.jpg


ここはクロネコが入っていて、ビジネスもしっかりしているので、安心して購入できるお店だそう。
やっぱりこっちの事情を熟知してるおもろい夫婦ならではの情報。ほんと助かります。

店内ではキュートなお兄ちゃんがいろいろ説明しながら何本も試飲させてくれました。
Yokoさんは高級ワイン数本を日本に輸出。
私は1本だけ赤を買いました。

ちなみに下の写真は飲んだ中で一番高級なPremier Grand Cru Classeクラスの一本。
日本酒でいえば純米大吟醸ってとこでしょうか。
f0036409_10535659.jpg



最後は地下にワイン樽&ボトル(みんなホンモノ)がたくさん眠っているミニ博物館に寄って帰りました。
f0036409_11222.jpg
f0036409_1124939.jpg



サンテミリオンではワイン塩、ワインクーラーバッグ、ラベンダーポプリ、フレグランスの陶器、そしてワインをお買い物。

いやあ、楽しい1日でした。





次回は集大成! うまうま編です。




☆いつもありがとうございます☆

HOGO犬 ONEMATCHING

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2011-10-06 10:58 | おたのしみ
コクリコの風編、その2です。




コクリコの風がブドウ畑のド真ん中にあるのは前回ご紹介しましたが、ちょっと道を下ったすぐ近くに有名なシャトーがあるのです。


f0036409_9454770.jpg


シャトー・プピーユ。

かの有名なワイン漫画、神の雫に登場したシャトーです。

今回はヴァンダンジュ(収穫)の準備で大変な時期だったので中は見学にはいけませんでしたが、Yokoさんと一緒に散歩がてら見に行きました。

f0036409_9501340.jpg



蔵の中には樽
f0036409_951912.jpg


摘み取りの準備
f0036409_9521481.jpg


畑と脇道の雑草
f0036409_9554144.jpg


フィリップさん(オーナー)家の馬
Yokoさんが呼んだら向こうからポクポクとやって来た。オヤツも持ってないのに、ごめんね~。
f0036409_9571636.jpg




去年のmidoriさんのBLOGでヴァンダンジュの様子が載っていますが、このシャトーではぶどうは人の手で摘み取っています。

機械でザザザーと収穫する様子も他の畑で見ましたけど、やっぱ手摘みは趣がある。
枝とか葉っぱとかも混じらないので、手間がかかる分上質のものになるのです。


作業中の人々(これは別の畑)
f0036409_10112216.jpg
f0036409_10124164.jpg
ポーズまでとってくれたサービス満点のお姉さん
f0036409_10135286.jpg

midoriさんが一粒味見しようと思ったけどオジサンが立ちはだかっていたので止めたぶどうのコンテナ
f0036409_10155564.jpg








日中はそんな風にブラブラしたり、ドリーと散歩にいったり、近所のシャトーまわりを軽くジョギングしたりしてノンビリ過ごしました。

夜はmidoriさんがブンブンと腕を振るった066.gifDinnerを、Yokoさん、私、そしてmidoriさんブノワさんと一緒にいただきました。
(詳しくはうまうま編で!)


で、どんな事を食卓で話していたかというと、

例えば、


や:「DSK(ドミニク・ストラス・カーン)は、次期大統領選のライバルを蹴落としたいサルコジと、反米色の強い仏大統領が生まれるのを阻止したかったホワイトハウスの罠にはまったんだと思うんだ。フランス人もきっとそう思ってるんでしょ?」

ブ:「やつは昔から女癖が悪くって、問題おおアリだったんだよ。」





ブ:「Yabyは食べ物で嫌いなものはあるのか?」

や:「何でも好き~」

ブ:「Yokoは?」

よ:「タコ」

ブ:「タ...。」




ミ:「まあ、今日は中秋の名月ね。月がとてもきれいだからちょっと明かりを消してみましょう。」

~ 暗闇の部屋から満月を眺めるみんな、静かで風流なひと時。 ~
             :
             :

ブ&ジ:「気味が悪いから電気をつけよう。」  パチッ






さあここでちょっとアレ?と思ったアナタ!

検定合格です。 (なんのじゃ?)


そう、この日はブの他にジも合流。

その’ジ’の方は、midoriさんBLOGでは知る人ぞ知る、

”ワシや、ジルベールや!”
参考資料:「可愛ええな、苺」、「愛の薔薇、咲かせたろ

f0036409_10385889.jpg


キャ~、ジルさまぁ~!

とは言わなかったけど、またBLOGの中の登場人物と対面できた喜び。


ジルさまはLuckyStrikeなんか吸ってるし、ハーレーダビッドソンなんかにブルブルと乗ってるし、ちょっとアメリカ人ぽい。
でもフランスの方にそのようなことは絶対絶対言ってはいけないので、謹んでおきました。

ジルさまはベーカリーを営んでいて、皆がバカンスの間は一生懸命働いていたので、これからが彼のバカンスシーズン。

スペイン語も話せるので、コスタ・デル・ソルに行くのだそうな。


「なぁにぃ、ちょっとそのコスタなんとかにはいい人が待ってるんじゃないのお~?」
とからかってみると、

「オレはそんな軽い男じゃないんだぜ。」
と微妙に照れている。

かわいいぞ、ジルさま。


ブ:「この人たちマラソン走ったんだよ。」

ジ:「マジ?すごーい!」

や:「Yokoは知らないおっちゃんからFinisherのワインボトルを貰ったんだよ。かわいい子はほんと得だよね。」

よ:「ふふ。」

ジ:「キミは?」

や:「こんなアマゾンヌには誰もくれないよ...。」 筋肉モリモリのポーズ

一同:「がはははは」




という感じで毎晩和むテーブル。





Dinnerにはブノワさんが選んだワインが並ぶのですが、基本的にサンテミリオンとかカスティヨンとかの地元のワイン。
うまあ、どれもコクのあること。
f0036409_1133525.jpg
f0036409_1145373.jpg


いつもさっぱり系のカリフォルニアワインばっか飲んでる私はワインだけでお腹一杯。

っていうのはウソで、

特にmidoriさんの鴨のボルドー煮と一緒に頂いた時はフランス人になったかと思うくらいトレ・ビア~ン・アラ・ビア~ンでしたよ。

いろいろ違う種類のワインを毎晩飲んだのですが、私のお気に入りはコレ。

f0036409_1111395.jpg


このLesなんとか(達筆すぎて読めん)というワインはこの村の村長さんのシャトーなんだそうで、ブノワさんが自転車でひとっ走りしてGetしてきてくれました~。

ちょい渋、ちょい甘、ちょい重、でバランス良く(あ、主観ですが)、メインだけじゃなくて、例えばきゅうり竹輪とかエイヒレともいける。 
ごめん、村長さん、B級グルメ過ぎ?

f0036409_11112950.jpg






あー、なんか写真みながら書いていたら、チーズと一緒に村長さんとこのワイン飲みたくなっちゃったよ。


次回はLeeとBarbaraも連れてくるから、数本持って帰れるな、きっと。

うん、絶対そうしよう。





続く。




☆いつもありがとうございます☆

HOGO犬 ONEMATCHING

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
f0036409_10112216.jpg

[PR]
by yyaby | 2011-09-30 10:22 | おたのしみ
マラソンを無事完走(歩?)したので、次の滞在先、カスティヨンへ。



BLOGを通してお友達になったフランス便り Soyez les BIENVENUS !のmidoriさんのB&Bに滞在することが遂に実現!


ダンナさまのブノワさんがリブルヌ駅まで迎えに来てくれました。


ネットとは不思議なもので、今まで会ったこともないし電話ですら話したこともないのに、なんだか初対面じゃない気分。


「おぉ~、BLOGで見るブノワさんにそっくりだ~。」

って当たり前なんだけど。


小雨の降るなかをリブルヌ駅からサンテミリオン、その隣のカスティオン地区までブドウ畑の中を抜け、遂にやってきましたコクリコの風に!


お庭がこーんなに広いんですよ。
f0036409_9534089.jpg

庭奉行はブノワさんだそうです。

「来週は草を刈らなくっちゃなぁ。」って言ってました。
広いとお手入れも大変ですね。




到着するといよいよ生midoriさんとご対面!

「うぉ~、ほんものだ~。」

出会いのHugHug。

ほんとに不思議な気分です。





お部屋に通してくれて、お水やお茶などすぐ用意してくださいました。

私とYOKOさんは仲良くツインで。



んまあ、素敵!

f0036409_959062.jpg



作り出されるそのお菓子の繊細さからも分かるように、インテリアもさりげなく品があって、それでいて温かみがあるのです。
(どうですか、我ながらいい表現だと思うんですけど。 バンバンバン <=机をたたく音 )

f0036409_95933100.jpg
f0036409_10121083.jpg
f0036409_11195299.jpg
f0036409_11211078.jpg






midoriさん&ブノワさんにお会いするのに来たのですが、、実はもうひとつ楽しみにしていた出会いが。

そ・れ・は、











あたち、ドリー
f0036409_10261562.jpg







ドリーちゃんは数ヶ月前にmidoriさん家に舞い込んできたんだって。

実は近所のジャックラッセルを何匹も飼ってる家で保護してたそうなのだけど、家出して数件先のこのコクリコの風に、「決ーめた!」って言ってやってきたみたい。

獣医さんによると推定10歳なんだそうですが、白髪もないしアクティブそのもの。


なんですか、脱走壁があるそうで、「ドリー、戻ってきなさい!」って叫ぶと、ちょっとこっちを向いた後、「フッ」って笑って遊びに行っちゃうらしい。

で、一匹で放浪してるのかと思えば、そのジャックラッセル軍団の1匹のジャック(でしたっけ?)がどうも悪仲間らしく、「畑にうさぎ狩りに行くぜ!」って一緒にツルんでるそうな。

今はもう危ないので、繋がれちゃってるけど。 ※狩りのシーズンが始まった

ドリーたん、人間年齢にして70歳とはとても思えない。





夕方にブノワさんが散歩に行くっていうので、お供に。


途中でどっかの家からわんわんと数匹のワンちゃんが飛び出してきて、その中にまたジャックラッセルが。

ディエゴっていうそこ子は例の軍団の兄弟で、別のうちで飼われているのです。



ここら辺の小さいワンコはみんな放し飼い。自由そのもの。

それとは別に大きいワンコを飼ってる家も多くて、しっかりと塀に囲まれた中にいて、前を通り過ぎるとスゴイ形相で吠えられる。

まさに番犬。
犬種はシェパード率高し。あとロットワイヤーとかハウンドも。

あまりにも吠え方が攻撃的なので、塀を越えないかちょっと不安になる事も。

ドリーちゃん、気ぃ付けてな。



ディエゴに話を戻すと、この男子犬もドリーの事がお気に入りなのか、いっつも散歩についてくる。

100%やってくる。

随分遠くまで行ったのに、後ろから急いでかけてやってくる。


最初は注意深くて近くに寄ってこなかったけど、2回目の散歩からはすぐ横を歩くようになって、
頭も撫でさせるようになって、
呼んだらこっちにすぐ来るようになった。


単純でカワイイ短足犬、ディエゴ
f0036409_10523643.jpg


今日の仲良しさんたち
f0036409_10533713.jpg





散歩の途中でブノワさんが木を眺めてブツブツ。

「まだ若いな。」







イチジクの木
f0036409_1144176.jpg


NYのスーパーで見るイチジクはちっちゃくて紫のやつが一般だけど、このイチジクは福井の実家の近所に勝手になってるやつと一緒だ。
大きくて肉厚。
まだ熟して無いのを食べると舌が痒くなるんだ。 >>> 子供頃の思い出


あれ、これも勝手になってるんだよね???
ブノワさん、まさか...。




散歩道の周りはずっとこんな風景がひろがっています。
f0036409_11143579.jpg




今頃はもうすっかり摘み取られているのかな。
この頃はまだぶどうも今か今かとたわわになって待ってました。
f0036409_11165044.jpg






そうだ、そしてもう一人、コクリコの風にいる子を紹介しなくっちゃ。




「にゃあ~」
f0036409_10431975.jpg



にゃんこのギャランス!


ギャランスのラの発音が吐く時の「おぇ!」って感じの喉の奥で発音するみたいな音なので、ずっとガロンヌだと思っていたが、midoriさんのBLOGで実はギャランスだという事を知った。

ごめんね~、間違えてた。



このギャランスちゃん、おもしろいニャンコなんです。


「プスプスプス」と呼ぶと(何故かこのプスプスプスにmidoriさん大ウケ)寄って来るのですが、頭やら背中やら撫でてるとそのうちヨダレを垂らすの!

しかも長~いの。

犬のヨダレは我が家では日常茶飯事だけど、ニャンコのは見たこと無いなぁ。

これには笑ろた。




なんかいいよね。

ワンもニャンの幸せで、

そんでもって、ゆっくりとした時間が流れて。





その2に続く。





☆いつもありがとうございます☆

HOGO犬 ONEMATCHING

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2011-09-28 10:57 | おたのしみ



マラソンとボルドーの様子は今回残念ながら会えなかったけど、ロンドン在住のラン友あくびさんのBLOGでもシリーズでご覧になれま~す。






今回はマラソンもあることだし、あんま疲れてもいけないので、そこら辺をブラブラ。

ボルドーは観光地なので、観光客フレンドリー。

中心地はゴミなんか全然落ちてないしとても安全。(ま、少なくとも今回はそうだった)
でも、犬を引き連れた若いホームレスがやたらいっぱいいた。なんでだろ???


私たちが泊まったHotelはチェーンでもあるIBIS


一部屋に2Bedの部屋で、多分90~100ユーロ(室)ぐらい。
部屋は小さいけどきれいだし、バスルームもそれなりに広い。
ただし殆どがSmokingの部屋(言えばあったのかなぁ)なので、タバコ吸わない人は匂いが気になると思う。

日本では今どうなんだろう。
米国では禁煙ルームが基本なので特に言わなくてもそうなのだ。

IBISではWiFiが使えるはずなのだけど、何故かわたしのiPhoneはデータがダウンロードされてこなかった。
でも無料でインターネットが使えるPCがロビーにあるので、そこでメールとかチェックできる。

朝ごはんが付いてくる。(のかどうかは実は不明)
私たちはそうだと思って勝手に朝食がサーブされるHotel内のレストランで食べていた。
パンやハムやチーズ、ヨーグルト、フルーツ、シリアルなどなど豊富。

総合的には値段に見合った良いHotelだと思う。




Hotelのすぐ近所には、サンタンドレ大聖堂(Cathédrale Saint-André)。
f0036409_0121238.jpg



その裏から始まるセント・カトリーヌ通り(Rue Sainte-Catherine)は、全長1,145mとヨーロッパで一番長い歩行者天国なんだそう。
それを軸に縦横に歩行者天国エリアが広がる。


お店が両側に立ち並び、歩いてるだけでも楽しい。
パン屋のPaulとか焼きたてのブリオッシュが買えるチェーン店Brioche(だっけ?)とかのお気軽な店や、小じゃれたレストラン・カフェも多くある。小物屋や石鹸屋もかわゆし。
f0036409_0251611.jpg
f0036409_0263473.jpg
f0036409_0275512.jpg



こんなにお店が多いのに、スタバは一軒も無い。
マクドナルドは一軒だけあった。
アメリカ資本、入り難し...。




セントカトリーヌ通りをずーっと突き抜けると、ガロンヌ川に。

川沿いのエリアは建物とオープンな空間が一緒になってとても風光明媚。
f0036409_0325865.jpg
地面から吹き出る噴水は有名なポイント。
f0036409_0334197.jpg




川沿いの公園を北に向かって歩くと、カンコンス広場(Place des Quinconces)に。
f0036409_0471512.jpg


ボルドーは300年の間イギリス領だったことがあり、それをフランスが奪還したときに記念にここにシャトー・なんちゃらが建てられ、その後ルイ14世がもっと華やかにし、うーだらこーだら...、なんだそう。
広場の見所はやはり大彫刻の噴水。
f0036409_048338.jpg
にゃは!
f0036409_1254323.jpg
f0036409_0512340.jpg
鼻からブー
f0036409_050178.jpg


ちなみに、レースの前日のナンバーPickUpに行くためのバスはこの広場の横の駐車場から出ます。
IBISからは歩いて15~20分くらい。



カンコンス広場からセント・カトリーヌ通りの方向に戻ると、大劇場が。
今回中には入りませんでした。
f0036409_111931.jpg





マラソン主催のパスタディナーは遠いので今回行かずに、夜はこのエリアのレストランで。

f0036409_1899.jpg
f0036409_171978.jpg
f0036409_184338.jpg


f0036409_193364.jpg
f0036409_1102110.jpg




夜も更けた。

Hotelに戻ろう。





☆いつもありがとうございます☆

HOGO犬 ONEMATCHING

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2011-09-25 01:13 | おたのしみ