トライアスロンをライフワークとするYabyが綴るめしメニュー。たまにワンコもね。


by yyaby
カレンダー

<   2006年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

携帯買った

携帯電話が会社のものだったので、返さなければいけない。

旅行から帰った後でいいや、と思っていたら、

「オレの携帯、完全に死んでしまった...。」
と、Leeからメール。



何から何まで似たような事になるなぁ、この男。


「すぐに要るの? 旅行の後でいいと思ってるんだけど。」

「すぐいる。」



仕方ないので、家に帰る途中にCingularに寄って、ファミリープランに加入してきた。

T-Mobileのほうが同じ500分プランでも$10安かったんだけど、電話がタダじゃなくて、しかもショボい電話だったのに1台$30もしたので、やめた。

長い目でみればそっちのほうが得なんだろうけど、なんとなくCingularのカメラ付きタダ電話に惹かれてしまった。



家に帰ると、Leeが嬉しそうに何かを見せながら、

「Technology Red Beans!」     ※RedBeansはLeeの家での呼び名

何かと思ったら、iPODを買いやがったらしい。


ちょっと前まで携帯の使い方も知らなかった(これ、マジです)くせに、テクノロジーと自ら名乗るとは、随分な思い上がりだな。

それにテクノロジーXXXちゃん、なんて表現は英語的に正しいのか???



私が、せっせと新しい携帯に番号を入れていると、

「ボクのも入力してほしーなー♪」

でたでた。
やっぱり、えせテクノロジー野郎だった。

仕方ないので、私のと自分のとLeeの実家のだけ入れてあげた。



新しい電話になって、かけ方とかわかるのかなぁ。

・・・・・ちょっと怪しいもんだ。



*** 突撃! 今日の晩ごはん ***

● ”オレはうさぎかっ!” アンティパストめしセット
(1) レタスを切って、OliveOilとバルサミコと塩コショウ。
(2) 人参千切り、玉ねぎ千切り、パセリ、マスタード・シードをAppleビネガーとOliveOilと塩コショウでマリネ。 (とは言っても時間が無いので、混ぜただけ)
(3) グリーンアスパラを赤ピーマンをフライパンで蓋をして蒸し焼きにし、後で極少のOliveOilと極少の塩コショウ。
(4) りんごとスイス・チーズとブルー・チーズ。

● Cheesy Bread
(1) Frenchバゲットとスイス・チーズで。

● デザート
(1) LeeがPecan Pieとアイスを又食べる。

f0036409_11581581.jpg

[PR]
by yyaby | 2006-02-28 12:17 | つれづれ

Apoloクン

オリンピックが、とうとう終わった。

開催中は大して見てなかったくせに閉会式だけは何故か見ようとテレビをつけた。
リッキー・マーティンもどのくらい痩せたか見たかったし。

ここはアメリカなので当然アメリカの選手を主に放映していたのだが、閉会式とともに流れるダイジェスト版では、各種目のGoldメダリストについてもレポートされた。

さすがフィギュア・スケートは花形種目だけあって、荒川選手は長い時間レポートされていた。

ショートプログラムでは、USのサーシャ・コーエンのオーラが出てる演技に、絶対この人が取るだろうと思ったけど、やっぱりプレッシャーだったんだろうか。

こっちのニュースで、「荒川選手のニックネームは”Cool Beauty”」って何度も言っているのを聞いた。
それだけ、冷静沈着でミスのなかった演技だったって認めてるって事なのかな。


ところで、USの選手でスピードスケートのメダリストでApoloクンという若い男の子がいる。

黒い瞳に黒い髪、何となく身近にいそうな感じの、’カワイイ’男の子。
Webサイトよりもテレビの方が、断然映りがいい。

「この子、AsianとのMixみたいな顔してる。」

とLeeに言っていたら、どうやら日本人か日系人の家系らしい。

何故なら彼の名前が、Apolo Anton Ohno だから。 
大野さんちのアポロ君。


うちももし子供が生まれたら、Mixだから、Apoloクンみたいにカワイイ子になるかなぁ。

どうしよう、そんでオリンピックなんて出ちゃったら。

もー、お母さん後援会やら何やらで大変。

あ、日本のマーケットへも売り出しとかないと。


と、いつのまにかステージママとなる。


まあ、冷静に考えて、(ちょっと人より健康な)フツウな母親Yabyと、もっとフツウな父親Leeの子だったら、フツウな子しか生まれないな。

それで十分、十分。

せめて顔は母親じゃなくて、父親に似てほしいモンだ。



*** 突撃! 昨日の晩ごはん ***
● 牛丼
(1) ニンニク1片、牛肉、玉ねぎを炒める。
(2) 酒、みりん、醤油をいれたら、豆腐白滝と豆腐をいれ、しばらく煮る。
(3) 塩加減をみて塩を入れ、しばらく又煮て、最後に卵を落としてふたをして火を止める。

● サラダ
(1) レタスと赤ピーマンを切る。
(2) ドレッシングは酢味噌風で。 みそ、米酢、メープルシロップ、コショウに、今日はふりかけ用わかめを入れた。

● Pecan Pie
Leeが前回食べれなかった!というので又作った。
レシピは2/22に遡ってくだされ。
添えてあるのは、Agataで買ったピスタチオ・アイスクリーム。 ピスタチオごろごろ入っていてマジうまい。

ナッツだらけで、鼻血ブー。

f0036409_12502453.jpg

f0036409_1250402.jpg

[PR]
by yyaby | 2006-02-27 12:51 | おたのしみ

Leeの転職

別に私が会社を辞めるのに申し合わせたわけじゃないけど。

1ヶ月前にLeeのとこにAgencyからコンタクトがあって、それから面接の話が来て、あれよあれよと転職が決まった。


今度はVillageVoiceにようなヒッピー風なとこじゃなくて、マジメな新聞社だ。

しかもちょっとコンサバ寄り気味。

※とはいっても、実はV.V.も結構大きな会社で、大胆な首切りとかも日常茶飯時行われていたりするキビシイとこなのだ。



VillageVoiceはそれはそれでカジュアルな雰囲気で楽しそうだったけど、まあ、お堅いところに行ってもいい頃だろう。

お給料もグンと上がるらしい。

ヒャッホー! すごいぞLeeちゃん。


「じゃあ、もう働くのやめようかなぁ...。」と冗談で言うと、悲しそうな顔をするLee。

「うそうそ、働くに決まってるじゃないか。」

「それよりも、雰囲気が良さそうでなければ、お金が良くても別に行かなくていいんだからね。」と、とっても理解のある妻。



昔は、

「あー、なんでこんな安月給なの? あと2倍ぐらいにはしないと、 なあ?。」とか、

「安月給な分、何で働いてもらおうかしら・・・。」とか、

イヂワルっぷりをいかんなく発揮してたのに。


どうしちゃったのかしら、この素敵な思いやりのある言葉。

もしかして人間的に成長したって事? 事? 事?


まさに、美しい夫婦愛ですねー☆




しかし、内心、

「経済力の逆転は家庭での発言権を脅かすかもしれない。おちおちしてられないわ! 何か策を考えないと。」

と、遠くを見つめながら、思いをめぐらせてるこの頃なのであった。



*** 突撃! 昨日の晩ごはん ***
● チキン・コルドンブル
(1) 鳥胸肉を薄く切って塩コショウ。
(2) スイスチーズの短冊切りとパンチェッタの短冊切りと玉ねぎの千切りを肉で巻き、爪楊枝で留めておく。
(3) パン粉つけて、OliveOil挽いたフライパンで表面だけこんがりするまで焼く。
(4) 400Fのオーブン中段に入れて、中まで焼く。

なんだか写真がボケてます...。

● じゃがのパン粉焼き
(1) じゃがの短冊切り、余った玉ねぎの千切り、ドライトマトの千切り、パン粉と塩コショウとパセリとOliveOilを良く混ぜて、耐熱皿に入れて下段でチキンと一緒なオーブンで焼く。

● イチゴとアイスのGreenTeaクッキー添え
前日トースターで焼いたGreenTeaクッキーを使って。

f0036409_10594479.jpg

f0036409_1101793.jpg

[PR]
by yyaby | 2006-02-26 11:00 | お仕事

ぱしりなMikiちゃん

会社でMikiちゃんが席の横を通ったときに、

「昨日さぁ、変な夢見ちゃって。」

と言う。



「なになに?」

「Yabyさんに料理習ってるみたいな設定で、買い物に行ってきてって言われて、バジル買ってこないといけないのにバジルがなくて、シソしかなくって、これでもいいかなぁっすごく悩んでたんだよー。」



「ぱしりかいっ!」

「はははー。」


すまんねぇ、ぱしりさせて、Mikiちゃん。


きっとイヂワルYabyは、

「もー、バジルとシソはじぇーんじぇん違うでしょ!」

と言ったことでしょう。




そういえば、昔パジリコ・スパゲティーなるものを作るぞ! と意気込んで上板橋の東部ストアーに買い物に行ったはいいが、バジルが何なのか良く知らなくって、”シソでいいやシソで” と、適当に作った事を思い出した。

あまりうまくなかった。



Mikiちゃんに、なんか高級そうな日本茶をもらったので、GreenTeaクッキーを作ってみた。
しかし、いただいたものはもったいないので、飲む用に取っておき、うちにあった日本茶を細かく挽いて使った。

焼き中のGreenTeaクッキーはこちら!
注) 海苔入りはんぺんではございません。
f0036409_12374926.jpg



*** 突撃! 今日の晩ごはん ***
● Penne alla Vodka
(1) おなじみAgataのVodkaソースにニンニクと塩コショウして調える。
(2) ペンネを茹でて、ソースと混ぜる。

● 野菜のうそっこマリネ
(1) グリーンアスパラ、赤ピーマン、えのきを洗ったらそのままフライパンにいれて蓋をして蒸し焼きにする。
(2) しんなりしたら塩コショウ少々して混ぜて火を止める。
(3) 細切りしたレタスの上に野菜をのせ、OliveOilとレモンをぐわーーっとかけてマリネ風に見せる。

● いちごチョコレート
(1) チョコレートと生クリームをチンして、チョコレート・ソースを作る。
(2) 皿にチョコ・ソースを引いて、その上にイチゴをのせる。

チョコ・ソースに砂糖を入れるのを忘れたので、上からかけた。

f0036409_12475142.jpg
f0036409_12482277.jpg

[PR]
by yyaby | 2006-02-24 12:48 | つれづれ

Indyを預けるために

旅行中にIndyを預けないといけないので、当初はいつも行ってるDoggy GymのOver Night Careを申し込もうとしていた。


このDoggy Gym、Indyがすっごく気に入ってるから行かせているようなものの、組織や管理自体には、とぉっっっっっっっっても問題がある。


一言でいってしまうと、働いてる人がアホなのだ。

特にカスタマー・サポートとDog Walker。


先日、「前の日のDog Walkerが鍵をOfficeに返さなかったから、Indyを散歩に連れて行けない。」とカスタマー・サービスのビルから電話が入った。

”またか、全くー。”
と思っていたら、

「鍵を前にコピーしたけど、エントランスの方はコピーできなかったから、今日だめだった。」

と言うではないか。


この時点で、勝手にコピーした事についてひと悶着あったが、とりあえずここではそれは飛ばし、


「じゃあ、1Aは管理人だから、ブザー押してエントランス開けてもらって。」

と頼んだ。



連絡がないので、しばらくして電話してみると、


「あー、今電話しようと思ってたんだ。 玄関は開けてもらえたんだけど、部屋のほうは開けてもらえなかったんだよ。オバちゃん英語じゃべれないみたいで。」

※オバちゃんは管理人の母ちゃんで、メキシコ人。



私、・・・・・・・・・・・。

「あんた、さっき部屋の鍵はコピーしたって言ってやんけ? 何で使わんかね?」


カスタマー・サービスのビル、「あ、・・・・・。」



ね、これをアホ以外になんと表現できるであろう。




こういう事が、度々度々度々そして度々あり、とってもストレスなのである。


なので、Indyのお泊りはやっぱり別のとこへ頼もうかと今思案中である。



*** 突撃! 昨日の晩ごはん ***
● Eggy Salad
(1) レタスとプチ・トマト洗って切ってサラダボールに入れる。
(2) 小さく切ったベーコンをカラリと炒め、油をとっておく。
(3) スコッチ・エッグっていうんだっけか? 卵を沸騰したお湯に落とし、半熟になるまで茹でる。 お酢を入れると白身が飛び散らないが、ケチケチなので、使わなかった。
(4) ベーコンを野菜の上にのせ、その上に卵をのせ、卵は切れ目を入れて黄身をドローっとさせる。
(5) (昨日のごまみそずいの残りの)ゴマペーストと西京みそを合わせたのに、レモンしぼり汁+Olive Oil+塩コショウしてまぜまぜして、サラダの上からかける。

● Cheesy Bread
(1) 今日はスイスチーズで。 上にかかってるのは塩コショウ少々。
    ガーキン(ちびキュウリのピクルス)も添えて。

f0036409_0191915.jpg

f0036409_0203649.jpg

[PR]
by yyaby | 2006-02-24 00:25 | INDY&MADISON

オリンピック

くにぃちゃんが、「今日はフィギュア・スケートですよ☆」と教えてくれたので、4チャンネルに合わせたら、ボブスレーをやっていた。

女子のペアのやつで、すっごく面白そうだった。

Leeに、「ボブスレーやってみたいなー。」と言うと、

「...OK。」

とボソっと一言答えられただけだった。


あまりにも面白そうなので、膝で寝ているIndyに、

「Indy、マミーと一緒にペアでボブスレーやりたいよな? な?」としつこく問い詰める。


今日はGymの日だったので、とっても疲れたらしく、「マミー、ちょっとウザっ。」 ってな感じで一瞥されて又寝てしまった。


夢を捨てきれないマミーは勝手にIndyを乗せてしまいました。




f0036409_12421671.jpg

Yeah! Baby! Yeah!
Franceって書いてあるから、一応これブジョーね、プジョー。




*** 突撃! 今日の晩ごはん ***
● 塩照り焼き丼
(1) 酒ににんにくつぶしたやつ、しょうが、コンブを入れ、そこに鳥モモを切ったやつを入れて、蓋をして煮る。
(2) 酒が無くなり、鳥皮がぱちぱちしてきたら、肉以外を取り出し、塩コショウ。
(3) まいたけを手で適当にちぎって鳥の上にのせ、またふたをする。
(4) くず粉を水で溶いて、弱火にした後でまわしかけ、とろみをつけて、ご飯の上に盛る。

本当は透明っぽくしたかったが、焼きすぎてマジ照り焼きになってしまった。

● おいもの♪ずいずいずっころばーし ごまみーそずい♪
(1) ジャガイモを一口大に切って蒸す。
(2) 西京みそとゴマペーストを合わせ練って、じゃがと混ぜて、上から白ゴマ。

● ブロッコリ・ローブのおしたし
(1) じゃがを蒸してる上にブロッコリ・ローブを入れて蒸す。
(2) 適当に切って、ゆずポンと鰹節をかける。

● デザート
Leeが’シュー・ファクトリー’で、ラズベリーと抹茶のシュークリームを買ってきた。


今日は写真がとっても見にくいかも・・・です。

f0036409_131523.jpg

f0036409_1322062.jpg

f0036409_132542.jpg

f0036409_1332437.jpg

[PR]
by yyaby | 2006-02-22 12:42 | つれづれ

Pecanパイ 焼いた

会社のMikiちゃんに、「ショコラケーキ焼いたらそのうち持って来るね。」と言いつつ、最近は全然作ってなかった。

ちょっと妥協して、「ショコラケーキとPecanパイとどっちがいい?」って聞くと、「どっちでもいいよ。」と言ってくれたので、手間かかり度が断然低いPecanパイにさせてもらった。


明かしてしまうが、手間のかかり度は、

ショコラケーキ => 表参道
Pecan パイ   => 北千住

ぐらいに違うのだ。


ポイントは、パイ生地を買ってくること。

これを作ろうなんて張り切ったりしたもんなら、Pecanパイは六本木ぐらいにまで昇格してしまう。



私がいつも使ってるのは、お馴染みAgataの冷凍パイ皿。

もう皿に引いた形で冷凍されてるので、もーーーーーー簡単。 そんでもって$3弱。



このPecanパイのレシピはLee母ちゃんから教えてもらったものだ。

Leeちゃん、昔からおかあちゃんのPecanパイが好きだったんだって。

だから、去年のクリスマスの時に作って!とリクエストして、その後にレシピをメールで送ってもらった。



クリスマスん時のLee母ちゃんが作ったのはうまかったが、やっぱり私には甘すぎるので、自分で変形させた。


”さあ、蘇るがよい! 幻のPecan Pie。  あーれー・きゅいじーーーーぬ!!!”


1.オーブンを400Fに温めておく。
2.2カップのPecan Nutsをトースターで焦げ目が着かないようにカラッとさせておく。

さぁ、ここからが細かい神経を使いますよ。

3.卵3個ボールに入れる。
4.半カップのHeavy Creamも入れる。
5.半カップのメープル・シロップも入れる。
6.1ティースプーン分のバニラエッセンスも入れる。
7.3テーブルスプーン分ののスコッチ・ウィスキーを ドボドボドボ と入れる。 (レシピではバーボンだったが無かったのだ)
8.半カップの砂糖を入れる。
9.2テーブルスプーン分のバターをレンジで溶かして、入れる。

山場ですよー。

10. 工程3~9をボールの中でよーく混ぜる。
11. Pecan Nutsをそこにぶっこみ、また混ぜる。
12. 冷凍パイ皿に11のタネを入れる。
13. ’つるつるいっぱい’(注1)になるので、気をつけてオーブンに入れる。
14. 30分から40分程度、中段で焼く。

出来立ては熱くて卵もまだグニャグニャ状態なので、冷めるとしっくりしてきます。



どうだ!  これで北千住の意味がわかっただろう。

それでも、一番難しいところは、工程13だ。

だって、昨日は液体がオーブンの中でこぼれてしまい、甘くて卵なもんだから、煙も出るわ、アラームも鳴るわ、でちょっと大変だったのさ。


お・た・め・し・アレ☆



(注1) 福井弁における、入れ物にいっぱい入ってて、殆ど表面張力でもってるような状態のさま。




*** 突撃! 昨日の晩ごはん ***
● トマトソースのCappellini
(1) みじん切りニンニクをOliveOilで焦げる一歩手前までいためる。
(2) そこにトマト缶ぶちこむ。
(3) 赤ワインも適当に入れる。
(4) 塩コショウで味付けし、しばらく煮る。
(5) Cappellini(Tortelliniのちっちゃいヤツ)の茹でる。
(6) トマトソースに茹で汁ちょっと入れて馴染ませた後、お湯を切ったCappelliniを投入。
(7) 火を止めて馴染ませたら完成!

● ブルーチーズをりんごのサラダ
(1) Mix Greenを洗ってサラダボールに入れる。
(2) 適当に切ったりんごをその上にのせる。
(3) レモン汁をりんごの表面めがけて絞る。
(4) OliveOilをサラダボールの淵のほうへ回しかける。
(5) 塩コショウを適当にして、上にちぎったブルーチーズをのせる。


f0036409_371843.jpg

f0036409_351987.jpg

[PR]
by yyaby | 2006-02-22 02:56 | ごはん

Sharineがやってきた

月曜はPresident Dayでアメリカが祝日ですのよ。


が、しかーし、私は、ど・にち・げつ と会社に来ている。


というのも、最後の花道を飾るための一大大仕事 (’大’がかぶるくらい)を終えるためなのだ。



いや、なんの事はない、システム変更は週末にやらないといけないから、ただそれだけです。

そんで月曜は、アメリカ以外の国の方々に問題があるといけないので、待機しながらBlogを書く、別のお仕事をするモードだから。


いいんですよ、私の場合、会社に’いればいるほど’、ザックザックと小判のようにお金が降ってくるんだから。

いっそここに寝泊りしてしまいたいくらいなもんだわ。
(いや、もうたくさんです、ここは。 さよーなら、みなさん)



私のこんな週末にかけて、ロンドンでお部屋を借りてた大家のおばちゃん、SharineがNYに遊びに来てた。


本文はじまり、はじまりー。





会社で仕事中に甥っ子のところに着いたからって連絡があり、聞いてみると、家のアパートから数ブロックかしか離れていないところではないか。


どうせ私も仕事でお昼は付き合えないし、甥っ子夫婦がいろいろプランを立てているようなので、土曜のDinnerだけは一緒に行こうと話がついた。



我々のNeighbor、92nd ストリートと2 Aveの角の、’Zebra’というブラジリアン・レストランで合流。


久々に会うSharineは全然変わってなかった。

彼女はセクシー・インド人系なので、誰も孫がいるとは思えないくらい若く見える。

昔部屋を借りてた頃は、よく一緒に料理したり、酒飲んだり、タバコ吸いながらEnglishTea飲んだりして、楽しくやってたもんだ。

そんなSharineも私も、すっかりタバコも吸わなくなったし、彼女は仕事も変わり、私は結婚もし、お互い少しながらでも変化のあったこの5年間であった。


あの頃の人たちの事について花が咲く。


「下の階のシャーメンは元気?」

「うん、まあ元気だけど、ダンナが仕事が無くなって又ワルに戻っちゃって。いろいろ問題あり。」


シャーメンのダンナのマイケルは、薬漬けだったけど、教会に行くなどして立ち直ったって話を当時聞いたけど、また戻ってしまったのか...。
かわいそうに、シャーメン。



「ほら、お友達のイラン人のアノ人、何だっけ名前、あの人はどうよ?」

「マリアン? お金借りるだけ借りて、ドロンしちゃったのよ。 どんでもないでしょ?」

と、Sharineが怒りを顕わにする。


まあ、私がいた当時から両者間ではそれなりも問題あったようだし、Sharineもよくマリアンの事、Big Mouthとか言ってたからなぁ。

それでもお金貸しちゃったんだ。 
人が良すぎるよ、Sharine。



そんな悲しいお話が続いたが、Sharineの今の職場はとても良い環境らしい。

私がいた当時は、ある米国4大会計コンサルの会社にいたが、結構Sneakyな輩が多いみたいな話を良く聞いたもんだ。
(まあ大企業だからねぇ)

なので、今の仕事の状況を聞いて、少し嬉しくなった。


その後、89thと2Aveの角のラウンジ・バーに場所を移し、コスモポリタン飲みーの、ワイン飲みーの、と本当に久々にいろいろ話した。


私はSharineの、”騙されちゃあいけないよ”と人に言うくせに自分は妙にお人良しなところも、スピリチャルなところも大好きなのだ。


彼女がこの短い期間でもNYを楽しんでいってもらえますように。

そして、これからも平穏で幸せな日々を過ごせますように。




*** 突撃! 昨日の晩ごはん ***

外食したのと、ちと遅くまで仕事してたので、実は全く作ってないんです。
野菜が腐っちまう...。
[PR]
by yyaby | 2006-02-21 03:02 | おたのしみ

アッチョー

(ブルース・リーの音楽で)

♪ ジャーン、ジャラッ! ”アッチョぉー”  わぁ~んわぁ~んわぁ~~ たらら~ ぱらっぱー♪



今日は武道に挑戦。

犬だって自分の身を守るためにヌンチャクぐらい使えなくっちゃ。

f0036409_1148098.jpg
 





どうやって回すんだ???



f0036409_1150547.jpg






こうか???



f0036409_1151030.jpg




早く動かさないといけないんだよなぁ。



f0036409_12123565.jpg







サトウキビっぽい味がするのは気のせい?



f0036409_11524178.jpg







このヌンチャクは、Leeがまだ6,7歳の頃に、カンフーに憧れて作ったそうだ。

本人曰く、一人で作った、そうだが、結構うまく出来てるので誰か手伝ったのではないかと思う。

会社に持ってって肩たたき代わりに使っていた。

鎖の部分がとっても短く作られているので、首にはさんで両側を揉むと気持ちが良かった。

f0036409_11595434.jpg





*** 突撃! 今日の晩ごはん ***

今日はVietnumese ’Saigon Grill’ のデリバリー

デリバリーのあんちゃんにTipを$1.5くらい渡したら、へっ?$1 ・・・ と、しばらく佇まれてしまった。
Leeに「ケチやなぁ。」と非難された。
[PR]
by yyaby | 2006-02-18 12:11 | INDY&MADISON
内容が思い浮かばないので、メシの写真だけとりあえず。

今日のメシはマズかったぁ。  (本文、写真後に)


f0036409_10431539.jpg

f0036409_10433127.jpg


何がまずかったって、お好み焼きのマズかったことマズかったこと。


作り方を間違った、というか手抜きしたというか。


いつもはお好み焼き粉と卵と水でベースのタネを作ってから、そこにキャベツとかの具をいれるのだけど、今日は何故かタネを作るのをすっかり忘れてしまった。

あー、面倒だなぁ、別の容器でタネ作るの。

と思い、

粉を適当にぱらぱら具のはいったボールにそのままかけて、適当に水いれて木杓子でグルグルかき混ぜたのだった。


いざ焼いてみると、なんだかもんじゃみたいに表面しか固まらない。

おまけに解凍したカニカマも入れるのを忘れてたので、裏っかえす前にのせればいいや、って適当に表面に乗せた。


どんなに焼いてももんじゃ状態なので、ひっくり返すときにグジャグジャになってしまった。


なんとか体裁だけは整えて食卓に出したが....

「うえ、すごい mushy(グチャグチャ)。おいしくなーい。」

と、やっぱりLeeには不評で、

「じゃあ、この買ってきたVegeギョウザ食べれば?」

と勧めたので、一口食べると、

「ヒィ、 ここにもキャベツがぁ!!!」

と、キャベツの出現度↑に、思わず声をあげる。


夕方、「今日のごはん何にする?」と電話会議した時に、「キャベツきらいなんだよなー。」と言うので、今日の晩メシは拷問とでも思ったことだろう。


Leeちゃん、頼むよ。

タダでさえ”ホワイトソースきらーい” とか、”青さかなきらーい”とかでレパートリーが狭められてるんだから、こんな一般人受けするキャベツくらい食べてくれよ!

と心の中で叫ぶ私だった...。



*** 突撃! 昨日の晩ごはん ***
● マズイお好み焼き
(1) 具はキャベツ、えだまめ、紅しょうが、天カス、ネギ、カニカマ

● サラダ菜とザーサイのサラダ
(1) サラダ菜を適当に切って、ザーサイのみじん切りと合わせ、酢+ごま油+塩コショウ。

● 買ってきた野菜ギョウザ
[PR]
by yyaby | 2006-02-17 10:44 | つれづれ