トライアスロンをライフワークとするYabyが綴るめしメニュー。たまにワンコもね。


by yyaby
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

上村愛子物語



バンクーバー・オリンピック始まりましたねー。


個人的にはそれほど熱狂的なわけでもなく、逆にTVで見てて選手が本番で失敗しないかと冷や冷やするから見たくないのが正直なところ。

だって練習に練習をかさねて、でも本番でそれが出せなかった時の本人の悔しさを想像すると、とても辛いのですよ。




ところで、上村選手4位入賞しましたね。

大拍手~~。

メダルまではあと一歩だったけど、五輪毎に着実に順位を上げていってるところは、底力を感じますねぇ。




ネットのある記事で知ったのだけど、上村選手にはこれまでで大きな転機が2回あったそうですよ。


まず最初は生まれて間もなく発症した先天性心室中隔欠損症という心臓の病気。

だからご両親は空気のきれいな長野に引っ越したそうです。

そこで、上村選手は3歳からスキーを始める事になりました。



順調にスキーのスキルを上げていった上村選手ですが、小学校高学年からいじめにあうようになりました。

きっと回りにとっては、ルックスもよくてスキーでも注目される”でる杭”だったのでしょう。

でも、ここでもまた転機が訪れます。

お母さんがバンクーバーへのスキー遊学を進めました。

そしてそこで出会ったのがモーグルの里谷多英選手。

ここで上村選手はモーグルへ転向することにしたそうです。



里谷多英選手は長野五輪で金メダルを取った大ベテラン。

それでも何度も引退を考えた事があり、「思いとどまらせてくれたのは、愛子のひたむきな姿」と後に言ってたとのこと。  <<< はい、ここ泣くとこだから



両選手とも今回の五輪に出ている第一線の人たち。

こういう裏の話を聞くと、なんかグッとくるものがありますねぇ。



そしてこの話ではなにより、上村選手のご両親が2つの大きな転機に出会うきっかけを作ったところに、非常に感動させられました。

今回の4位入賞、ご両親はとっても誇りに思ってらっしゃることでしょう。





まだ始まったばかりのオリンピック、このあとも

日本選手がんばれー!

そして、日本に関係のある選手のみんなもがんばれー!





P.S. 水曜から日本にちょっと帰国します。なのでBLOGはしばらくお休みでーす。




☆いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2010-02-16 01:20 | つれづれ

地下鉄の中では




なんかジンジ、えらく老けたね...





f0036409_1045207.jpg















ところで、NYの地下鉄はNYだけあって自己主張のオンパレードなのであります。


たとえば、

ちょっとホームレス風な男の人が、編み物の棒を持って編み物しながら乗ってる(そして、毛糸は背中のどこかから伸びてくる)とか、

ピザ食べながら立ってる(服に付くからやめてくれ!)若者とか、

聴いてる曲に合わせてひとりで唄って踊ってる(たいてい音痴)とか。






よくあるのが、いわゆる物乞い系。


手作りのサンドイッチをチャリティーだと売ったり(わっ、絶対食べたくない!)、

バスケットチームを結成するのに子供たちがM&Mチョコを売ったり、

歌や演奏をしてお金を貰おうとしたり。
※電車のなかでは違法だけど、ホームではちゃんとオーディションに通った人たちがライセンスを持ってパフォーマンスとしています。




↑のそれらは別にふーんって感じだけど(でも、みんな違法です)、自分がどれだけ不幸かを演説してお金を恵んでもらう輩は結構ウザい。

もちろんお金なんて絶対あげないし、はやく通り過ぎれ!ってくらいなのだけど、

昨日乗ってきた30代後半の白人女性は、職を無くして子供を養わないといけないだの何だのと朝から大声で演説し始めて、

多分いつも同じ人が同じ時間にやってるからか、向こうにいるオバさんから今度は抗議の演説が。



そのうち、

物乞い:「あんたは職なくした人の気持ちなんでわからないでしょ?」

オバハン:「何言ってるの。あたしだって職なくしてるのよ!みんな苦労してるのよ。」

(ギャーギャー、ガミガミ、後は省略)


と車両のみんなの注目を一身に集めた二人。



遂には物乞いのほうが、「ビッチ!」って捨て台詞はいて(同時にみんなの「おぉ~言っちゃったね~」って感じのどよめき)、隣の車両にそそくさと逃げていった。







こんな事、NYでは’ちゃめし事’なのですが、

「あぁ、日本ではこんな事絶対ないだろうなぁ。」

と思った、朝のひと時なのでありました。





056.gif今日の仲良しさんたち056.gif
「汚い言葉に使うのやめてよね、ビッチって雌いぬの事なんだから。」
f0036409_1172347.jpg





☆いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2010-02-12 11:13 | つれづれ

大寒波襲来


そう言ってもさ、

日本の豪雪地帯に比べれば、”うっすら雪化粧”くらいなもんですよ。

でも、もう北米東北地帯はもうこの大寒波の話題でもちっきり。

ま、ゆき雲の大きさも半端じゃないですからね。
統計によるとアメリカの3人に1人がこの寒波を経験することになるそうです。




会社もだからすごい大騒ぎ。

郊外から通勤してる人は家から仕事するようにお達しが。

そしてうちTeamも会社に来たのは私だけ。
みんなNJの人ですからね。 都会住まいのわたくしとは違いますもの。仕方ないですわね、おほほほほ~。


とは言いつつも、今日は早めに切り上げて家に帰ったのです。





そしたらLeeが既に家にいて、「2PMに今日はおしまい令が発令されたんだ。」との事。

まだ外も明るいので家族で向かった先は、

















f0036409_9471726.jpg

まっちろなセントラルパーク。





みんな会社に行かなかったのと学校がCloseだったのもあって、パーク内は人・人・人。

f0036409_949212.jpg






クロスカントリーしてる人もいましたよ。

f0036409_9505120.jpg






いつもはダディーはセントラルパーク派じゃないので、2ワンズは両親揃って、しかもこんな雪がいっぱい積もってるから大興奮!

f0036409_9545199.jpg
f0036409_9552133.jpg
f0036409_9555721.jpg
※誰かが作ったものです
f0036409_959412.jpg




構えて~
f0036409_9564190.jpg



ばーん!(MADISONに当てている意地悪なダディー)
f0036409_9581658.jpg



ボクは雪だまキャッチが得意
f0036409_1015759.jpg


って実は食べるのが好き
f0036409_1024217.jpg







2匹とも家に帰ったらグッタリでした。


まさにラッキー・スノー・ブレーク...だったネ☆
[PR]
by yyaby | 2010-02-11 10:04 | つれづれ

極寒レース




背負い投げ!

f0036409_11153377.jpg






やるねぇ、Madison。

大ちゃん(by 田舎っぺ大将)みたいだよ☆




あ、以上は本文とは全く関係ありません。
失礼。






今日は、NewYork RoadRunnersClubに登録して初めてのレースでした。

セラピストのあきちゃんも走ったんだよ。


もうー寒いのなんのって。
マイナス7.5度。

走ってるときに暑すぎるのより走る前に寒いのが断然ダメなわたしは、すごく着こんでいきました。

上はTシャツ+長袖Tシャツ+首にタオルグルグル巻き+ウインドブレーカー2枚重ね着、
下はスパッツ+厚めのしゃかパン、
ニット帽+手袋+冬用のランニングシューズ(これ結構重要)。

それに今日は4マイル(6.4Km)だから身軽じゃなくても良かったの。




登録するときに間違えてペースを申請したので、一番早い人のグループでスタートする事に。

案の定グループの人は当然あっという間に行ってしまい、私は後からどんどん抜かれていきました。

それでも4マイルだから結構飛ばして行こうと心に決めたのだけど、だけど、

やっぱ脚がついてかなかったっす...。



本当は30分切れるくらいで走れるはずなのに、結果は31分31秒。
でも何となく、ぞろ目でちょっといい気分♪







そうそう、友人さっちーな(去年NYマラソンを走った)と、アラフォーではなくOver 40の日本人女性のランナーのプチ会みたいなの作ろうよ!と話していたのさ。

ま、何をするわけでもなく、マラソンの前に決起総会、後には反省会、(という飲み会)をするだけなんだけどさ。

ま、たまに練習したりレースで完走の喜びを分かち合うのも、なんか一緒だと楽しいじゃない。



なんかいいグループ名あったらコメントお願いしまーす。

(”熟女ランナーズクラブ”とか絶対NGだからね!)






☆いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2010-02-08 11:56 | エクセサイズ

丸かぶり


明日は節分だけど、今週は仕事のDueがあってとても忙しい。


だからいつもの手巻き寿司も無し。


よって、Leeも無理やり無言で手巻き寿司食べさせられる事も無し。




ということで更新はまた週末にでも。
[PR]
by yyaby | 2010-02-03 10:54 | つれづれ

We are the World



この曲を知らないヤングはお母さんに聞いてたもれ。

We are the World




ちょうど25年前にハリウッドの大御所プロデューサー、クインシー・ジョーンズとライオネル・リッチ、そしてマイケル・ジャクソンが中心となってアフリカのために作った曲。

この曲は30人以上ものシンガーが大集結。

その頃大好きだったシンディー・ローパーや、ブルース・スプリングスティーン、レイ・チャールズ、ビリー・ジョエル、ダイアナ・ロスなど等、誰もが知ってる大物ばかり。




この曲は今聴いても感動しますよ。

なんかこう、人が誰かのために自分のエネルギーをつぎ込んでやってることって、それは赤の他人でも心に響くんですよね。





そのWe are the Worldが25年ぶりに復活するそうです。

クインシー・ジョーンの手によって再び。




協賛のシンガーはまだ正式には発表されていませんが、セリーヌ・デゥオンとか、ジェニファー・ハドソンとかアッシャーとか、ジャスティン・ティンバーレイとかだそう。

そして、今度はハイチのためのProject。






くしくも今日はグラミー授賞式。(いまやってる途中)

きっとハイチについてのパフォーマンスもあると思うけど、これについても何かやるかもね。






とかくアメリカのエンタメは商業主義だのなんだのと言われるけど、それは当たり前のことなんだし、でもこういう形でグローバルに語りかえれるこの世界は、やっぱり輝いていると思う。




早く、曲聴きたいなぁ。






☆いつもありがとうございます☆
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
[PR]
by yyaby | 2010-02-01 10:31 | つれづれ